大学職員の採用試験の面接でよく出される質問とその回答例をまとめてみました。各質問では、現役大学職員である私がどのような視点で面接を行っているか、私が受験者であればどのような回答をするかについてまとめてあります。

スポンサードリンク


また、面接では1つの質問に回答後、回答した内容に関する追加の質問を行うケースが多いです。このため、各回答で考えられる追加の質問例も示しています。

これから大学職員を目指すという方はぜひ面接対策にご活用ください(質問をクリックすると回答例を見ることができます)。

スポンサードリンク

大学職員の面接を受けるうえでの心構え

大学職員の転職・就職の面接で出そうな質問について、項目ごとにまとめてみました。

当然、募集している職(管理職なのか、一般職なのか、その中間(主任など)なのか)や、職種(事務、技術、システム、研究支援など)によっても、出される質問が変わってきます。

まずは、自分に求められると思われる質問について、自分なりに答えられるように、準備しておきましょう。

また、面接官として知りたいのは、
①あなたがどんな人なのか
②どんな働きをしてくれるのか(将来も含めて)
③他の職員にどのような影響を与えてくれるか
ということをいろいろな質問を通じて見ているのだと思います。

すべてうまく答えられなくても、上記のことが面接官に伝わればよいと思います。

大学職員は、一般的に、真面目にコツコツと仕事を行うが、新しいことを企画して、実行することのできる職員が少ないと言われています。

なので、面接官に対して、
「この人は新しいことを考えて、実行までしてくれそうだな」とか、
「この人はどんなことでもめげずに働いてくれそうだな」とか、
「この人は職場に新しい空気(よい影響)を入れてくれそうだな」
などと思わせることができれば、採用決定に近づくのかなと思います。

それではぜひぜひ頑張って準備してみましょう。
以下に大学職員の面接で出そうな質問を項目別にまとめてみました。

①本題に入る前の緊張をやわらげる質問

  • 今日は大学までどれくらいかかりましたか。
  • 今日はどのように来ましたか。
  • 昨日はよく眠れましたか。
  • 緊張していますか。
  • キャンパスの雰囲気や印象はどうですか。
  • 面接の準備はよくできましたか。
  • ②大学職員を目指した理由とこの大学を選んだ理由

  • なぜ大学職員になろうと思ったのですか。
  • (回答例)大学職員の志望動機例文まとめ

  • 大学職員に採用されたらどのような仕事がしたいですか。
  • 将来的にどのような職員になりたいですか。
  • 理想の上司(職員)とはどのようなイメージですか。
  • あなたの大学職員に採用された後のキャリアプランについて教えてもらえますか。
  • なぜこの大学を受験したのですか。
  • (回答例)大学職員の志望動機例文まとめ

  • この大学の魅力は何だと思いますか。
  • スポンサードリンク

    ③大学職員の役割・職務への理解に関すること

  • 大学における職員の役割は何だと思いますか。
  • 職員と教員はどのような関係を築くべきだと思いますか。
  • 大学職員に必要な能力とはどのようなものだと思いますか。
  • 大学職員はジェネラリストとスペシャリストのどちらが必要だと思いますか。
  • 「教育」に関して職員はどのように関わっていけばよいと思いますか。
  • 「研究」に関して職員はどのように関わっていけばよいと思いますか。
  • 「社会貢献」に関して職員はどのように関わっていけばよいと思いますか。
  • 職員が学生支援を行っていくうえで重要なことは何だと思いますか。
  • ④受験者自身の性格や能力などに関すること

  • あなたの長所は何ですか。
  • あなたの短所は何ですか。
  • 大学で働くにあたって役に立つ資格などは持っていますか。
  • パソコンスキルはどのくらいありますか。
  • これまで自分のスキルや能力を上げるために行ったことはありますか。
  • 大学職員には様々な仕事があり、精神面や体力面で厳しい仕事もありますが問題ありませんか。
  • 大学職員として働くうえで健康面に問題ないですか。
  • ストレス解消法はありますか。
  • あなたの趣味について教えていただけますか。
  • 休日はどのようなことをして過ごすことが多いですか。
  • ⑤仕事の進め方や考え方に関すること

  • 仕事を行っていく中でマニュアルや手順書にないことが起こった場合はどのように対応しますか。
  • たくさんの仕事を並行して行わなければならない場合どのように業務を進めていきますか。
  • すごく忙しいときに同僚や後輩から仕事を相談された場合どのように対応しますか。
  • すごく忙しい状況で上司から新しい仕事を頼まれました。あなたならどのような対応をしますか。
  • 仕事をあまりしないで、人に押し付けてばかりいる職員がいた場合、あなたならどのように対応しますか。
  • 人間関係がギスギスしている職場に配属された場合、あなたならどのように対応しますか。
  • 教員から信頼を得るためにはどのように働くことが必要だと思いますか。
  • 自分の希望しない部署に配属された場合、どのように働きますか。
  • ワーク・ライフ・バランス(仕事とプライベート)についてどのように考えますか。
  • 人を説得する際に注意していることはありますか。
  • 提案した内容が上司から反対された場合、どのような対応をしますか。
  • ⑥【転職者向け】仕事に対する考え方に関すること

  • 〔転職向け〕仕事の効率を上げるために行ったことがあれば教えてください。
  • 〔転職向け〕プロジェクトのリーダーのような仕事をまかされたことはありますか。
  • 〔転職向け〕部下や後輩を育成する上で、大変だったことはありますか。
  • 〔転職向け〕これまでの業務の中で、自分が提案したことでうまくいったことはありますか。
  • 〔転職向け〕部下や後輩にまかせた仕事が締切までに間に合わなそうな場合は、どのような対応をしますか。
  • 〔転職向け〕部下や後輩が上司の指示に従わない場合は、あなたはどのような対応をしますか。
  • 〔転職向け〕残業がものすごく多い部下や後輩がいた場合、どのような対応をしますか。
  • 〔転職向け〕文句や不満を多く言う部下や後輩がいた場合、どのような対応をしますか。
  • ⑦大学の役割と大学業界に関すること

  • 社会が求める大学の役割とは何だと思いますか。
  • 企業が大学に求めていることは何だと思いますか。
  • 現在の大学が置かれている状況についてどのように考えていますか
  • 大学が生き残っていくために必要なことは何だと思いますか。
  • 大学のグローバル化とは、どのようなことだと思いますか。
  • 「2018年問題」とはどのような問題ですか。
  • 近年、保護者への取組が盛んに行われておりますが、この点に関してどのように感じていますか。
  • 大学職員のSD(スタッフ・ディベロップメント)が法律によって義務化されましたが、このことについてどのように思いますか。
  • ⑧新たな取組の提案に関すること

  • 教育の質を高めるために必要な取組はありますか(本学ではどのような教育改革が必要ですか)。
  • 本学の研究活動を促進するために必要な取組はありますか。
  • 社会貢献を推進するために必要な取組はありますか。
  • 受験者を増やすにはどのような取組が必要だと思いますか。
  • 寄付金を増やすためにはどのような取組が必要だと思いますか。
  • 職員の能力を向上させるためにはどのような取組が必要だと思いますか。
  • ⑨受験する大学の基礎データに関すること

  • 学長の名前を教えてください。
  • 学生数はどれくらいですか。
  • 学部はどれくらいありますか。
  • 就職率はどれくらいですか。
  • この大学の建学の精神について教えてください。
  • キャンパス(大学施設)の特徴は何ですか。
  • この大学の有名な先生は知っていますか。
  • この大学の有名な研究について知っていますか。
  • スポンサードリンク

    ⑩その他の質問

  • 最後に何かお話したいことはありますか。
  • 大学職員採用試験でよい印象を与える逆質問とは

  • 他の大学は受験していますか。
  • 今日の面接は何点くらいの出来だと思いますか。
  • 自分を動物に例えるとなんだと思いますか。
  • 大学職員の面接対策を含めた準備については、「現役大学職員面接官が伝える大学職員採用試験への対策」で紹介しています。

    また、面接の準備にするにあたって、
    ★「大学職員面接回答事例集59」
    ★大学職員の採用試験を受ける前に知っておきたい「大学のデータ42」
    ★大学職員の採用試験を受ける前に確認しておきたい「大学関連ニュース」
    という本も参考になると思います。

      

    大学職員の面接対策を行ううえでのお役立サイト

    各企業の口コミ情報が見られる「キャリコネ」というサイトでは、各大学の面接試験で出た質問やこれから受験す人へのアドバイスなどの口コミ情報を見ることができます。

    大学職員の面接試験を受けるならぜひ登録しておきたいサイトです。

    <キャリコネのイメージ>

    興味がある人は「公式サイトキャリコネ」から登録ができます。

    大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
    1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

       各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    2. グッドポイント診断

       「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    3. 転職力診断診断テスト

       テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    大学職員転職サイトランキング
    1. リクナビネクスト

       転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

    2. マイナビ転職

       同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

    大学職員転職エージェントランキング
    1. doda

       転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

    2. マイナビエージェント

       大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

    3. type転職エージェント

       大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

    4. リクルートエージェント

       転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

    5. ランスタッド

       あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

    6. パソナキャリア

       大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。

    大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
    1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

       各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    2. グッドポイント診断

       「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    3. 転職力診断診断テスト

       テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    大学職員転職サイトランキング
    1. マイナビ転職

       同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくこくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

    2. リクナビネクスト

       転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

    大学職員転職エージェントランキング
    1. doda

       転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

    2. マイナビエージェント

       大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

    3. type転職エージェント

       大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

    4. リクルートエージェント

       転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

    5. ランスタッド

       あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

    6. パソナキャリア

       大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


    スポンサーリンク