この記事では大学職員の面接試験対策を行えるように、大学職員の面接試験でで出される可能性のある質問とその回答例を紹介しています。

はじめに

この記事では大学職員採用試験の面接試験で出される可能性のある質問と、多くの質問についてはその回答例をまとめてみました。各質問では、現役大学職員である私がどのような視点で面接を行っているか、私が受験者であればどのような回答をするかについてまとめ

また、面接では1つの質問に回答後、回答した内容に関する追加の質問を行うケースが多いです。このため、各回答で考えられる追加の質問例も示しています。

これから大学職員を目指すという方はぜひ面接対策にご活用ください(質問をクリックすると回答例を見ることができます)。

Amazon電子書籍「面接回答事例集59」との関係について

Amazon電子書籍「面接回答事例集59」の内容は、基本的には本ブログで紹介している回答例と同じ内容になっています(ブログのほうがすぐに内容の修正ができるため、一部の内容についてはブログのみ修正しているものもあります)。

本ブログでは基本的に1つの質問ごとに1ページとなっているため、59の質問の回答例を見るためには、59個のページを見る必要があります。

一方で電子書籍は一気に読み進めることができるので、1ページ1ページクリックしなければならないという煩わしさはないという違いがあります。

いずれにしても内容自体はほとんど変わりませんので、本ブログを活用していただいたもよいですし、電子書籍でまとめてご覧いただいてもよいと思います。

合わせてチェック

大学職員の面接を受けるうえでの心構え

大学職員の転職・就職の面接で出そうな質問について項目ごとにまとめてみました。

当然に募集している職(管理職なのか、一般職なのか、その中間(主任など)なのか)や、職種(事務、技術、システム、研究支援など)によっても出される質問が変わってきます。

まずは、自分に求められると考えられる質問について、自分なりに答えられるように準備しておきましょう。

また、面接官として知りたいのは、

①あなたがどんな人なのか
②どんな働きをしてくれるのか(将来も含めて)
③他の職員にどのような影響を与えてくれるか

ということをいろいろな質問を通じて見ているのだと思います。

すべてうまく答えられなくても、上記のことが面接官に伝わればよいと思います。

大学職員は一般的に、真面目にコツコツと仕事を行うが、新しいことを企画して実行することのできる職員が少ないと言われています。

なので、面接官に対して、

「この人は新しいことを考えて、実行までしてくれそうだな」とか、
「この人はどんなことでもめげずに働いてくれそうだな」とか、
「この人は職場に新しい空気(よい影響)を入れてくれそうだな」

などと思わせることができれば、採用決定に近づくのかなと思います。

逆に、この人は

「大学職員のことを甘く見ているな」とか、
「自分のアピールばかりで口だけのような感じがするな」とか、
「周りの職員に信頼してもらえそうにないな」

などと思われることの内容に気を付ける必要があります。

それではぜひぜひ頑張って準備してみましょう。

①本題に入る前の緊張をやわらげる質問

面接の最初にある質問です。あまり評定に関係のない質問ではありますが、無難に答えられるように準備をしておきましょう。

②大学職員を目指した理由とこの大学を選んだ理由

みなさんが悩む大学職員を目指す利用(志望動機)です。

「大学職員になりたい」と思う気持ちは人それぞれなので、自分なりのストーリーをしっかり作り上げましょう。

自分の志望動機に自信が持てないと、面接官にも伝わってしまうので、自分自身で「こうだ」と言い切れる志望動機を準備しましょう。

合わせてチェック

③大学職員の役割・職務への理解に関すること

大学職員の「職業理解」の部分になります。

受験者が大学職員に対してどのようなイメージをもち、どのように働きたいと考えているかを見る質問になりますので、しっかりと準備をしましょう。

④受験者自身の性格や能力などに関すること

私が大学職員の面接官として面接を行うこときは、「この大学で中長期的に活躍してくれそうか」という観点と、「この大学の風土に合っているか」を見るようにしています。

受験者自身の性格や能力は「この大学の風土に合っているか」を見れる部分でもあるので、ある程度の正直ベースでマイナスにならないような内容を準備しておくようにしましょう。

合わせてチェック

⑤仕事の進め方や考え方に関すること

仕事の考え方については、ある程度作りこんでもバレないところでもあります。

ただ、必ずこれまでの経験や体験でそれを説明する必要があるので、「どんな考え方をもっているか」「それを裏付ける経験や体験はあるか」の2つの観点で準備するとよいと思います。

⑥【転職者向け】仕事に対する考え方に関すること

転職者については、特にこれまでの仕事経験について問われることになります。なぜならば、これまでの経験を聞くことで大学職員となった際にどのような職員になるかがイメージしやすくなるからです。

転職者の方は必ず聞かれることになるので、しっかりと準備しておきましょう。

合わせてチェック

⑦大学の役割と大学業界に関すること

これも大学職員の「業界研究」にあたるような部分になります。受験者自身が大学のことを理解しているか、どんな考え方をしているかを確認するようなイメージになります。

色々な考え方ができる部分でもあるので、よく言われる考え方をベースとしつつ、自分自身のオリジナリティのある考えを伝えられるとさらによいと思います。

⑧新たな取組の提案に関すること

受験者の「提案」を聞かれるような質問になるので、自分なりの考えをまとめておくようにしましょう。

提案については、各大学の取組をハイブリットすることでかなり幅広い提案をすることができるので、準備をすればするほど様々な提案をできるようになります。

私が面接を行っていても、「それいいね」というような提案をする受験者もあり、その場合はやはりよい印象をもちますので、他の受験者との差別化しやすい部分でもあります。

合わせて読みたい記事

⑨受験する大学の基礎データに関すること

個人的にはそこまで重要だとは感じませんが、大学によっては聞かれることもあるので一応押さえておきましょう。

  • 学長の名前を教えてください。
  • 学生数はどれくらいですか。
  • 学部はどれくらいありますか。
  • 就職率はどれくらいですか。
  • この大学の建学の精神について教えてください。
  • キャンパス(大学施設)の特徴は何ですか。
  • この大学の有名な先生は知っていますか。
  • この大学の有名な研究について知っていますか。

⑩その他の質問

逆質問などはかなり高い確率で聞かれるものでもあるので、しっかりと準備しておきましょう。

他大学の受験状況については、戦略的に答える必要がある場合もあるので事前にどのように答えるかは自分なりに整理しておくとよいと思います。

合わせて読みたい
スポンサーリンク

管理人プロフィール
・大学職員歴10年以上で採用試験の面接官を担当
・これまでに大学職員を目指す約100人の方の応募書類等の添削や面接対策に対応
・キャリアコンサルタント(国家資格)保有
・ツイッター(@daigaku_123)でも採用試験対策に関する情報を発信しています
・Amazonで『大学職員の採用試験を受ける前に知っておくべきデータや大学の課題・用語等』『大学職員面接回答事例集59』の2冊の電子書籍を販売しています

新サイト(姉妹サイト)のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは面接試験で実際に出された質問や実際に大学職員採用試験に応募した方の志望動機・ESの実例、テーマ別小論文作成例などの一般には公開しにくい情報を中心に掲載しています。主なコンテンツは、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介各種大学ランキングまとめです。こちらのサイトもぜひご活用ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト

2020年の人気記事(ページビューランキングトップ10)
第1位:大学職員の面接対策「よく出される質問」と回答例
第2位:【例文15個】大学職員志望動機例文まとめ~現役大学職員面接官が伝えたいこと~
第3位:大学職員の給料(年収)はピンキリだから受ける前にこの記事読んで!
第4位:現役大学職員面接官が伝える採用試験に合格するための対策
第5位:大学職員面接質問例「大学における職員の役割は何だと思いますか」の回答
第6位:大学職員の仕事内容を理解しておく理由と仕事理解ができる記事の紹介
第7位:面接質問例「大学職員に採用されたらどのような仕事がしたいですか」の回答
第8位:大学職員の面接試験でよい印象を与える逆質問とは
第9位:面接質問例「あなたの大学職員に採用された後のキャリアプランについて教えてもらえますか」の回答
第10位:大学職員の仕事②「教務の仕事内容」の紹介

本ブログの主な記事一覧
★「大学職員の仕事理解・職業理解」に関する記事★
★「大学職員採用試験に応募する前の準備」に関する記事★