<面接官の視点と回答の方向性>
「趣味」に関する質問とも少し重なりますが、休日の過ごし方によって、あなた自身の人柄を見ていますが、それだけではなく、時間を有効に活用しているか、自分なりの目標のようなものを持っているか、活動的な人材なのかについて見ることになります。

スポンサードリンク


よい印象を与えるためには、何らかの目的をもって活動をしていたり、健康的な生活を送っていたり、自己啓発をしているようなところを伝えられるとよいと思います。

一方で、例えば、「夕方まで寝ています」、「テレビを見ています」などという回答は「ダラダラしていることが多い」という印象を与えることになってしまうので、それが事実であっても面接の場では避けたほうがよいと思います。

また、大学職員の仕事では、授業期間中は土曜日に出勤することも多いですし、日曜日や祝日もイベントなどで出勤しなければならないことも多いです。

例えば、「土曜や日曜・祝日の出勤も多いですが大丈夫ですか」と聞かれた場合は、「問題ないです。特にイベントなどには積極的に関わっていきたいと思っているので、できるだけ関わっていきたいです。」というような回答をするとよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例①>
 休日は奨学金を借りている関係もあって、アルバイトをしていることが多いです。その他には1カ月に2回くらいペースでフットサルを行っています。

【考えられる追加質問】
・どのようなアルバイトをしていましたか。
・どれくらいの期間アルバイトをしていましたか。
・アルバイトで苦労したことや工夫したことはありますか。
・アルバイトを通じてどのようなことを学びましたか。

<回答例②>
土曜日は英会話学校に通ったり、洋画や海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をすることが多いです。

日曜日は、午前中はゆっくりすることが多いですが、友人と出かけたり、ジョギングをしたり、買い物に行ったりと、割と自由に動いていることが多いです。

【考えられる追加質問】
・語学力はどのくらい向上しましたか。
・特に好きな洋画や海外ドラマはありますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト