<面接官の視点や回答の方向性>
まずは、転職者に対する大学の考えになりますが、最近の大学では、以前よりも転職者を採用する傾向が高くなってきているように思います。

スポンサードリンク


これは、個人的な考えになりますが、以前の大学は、最近のような大学間の競争があまりなかったこともあり、職員も他大学との競争のない環境で育ってきており、決められた仕事を着実にこなすことは得意ですが、新しい取組を進める能力が弱かったり、そもそも大学をよくしていこうという発想がない職員が多いからだと思っています。

私が勤務する大学は、どちらかというと改革志向の強い大学で、他大学の職員と話している限りでは、職員の意識は全体的に高い大学だと感じています。

ただし、その中でも、新しい取組を導入したりすることに抵抗を感じる職員もそれなりにおり、そのような職員の年代は30代後半以上が多いと感じています。

スポンサードリンク


なぜ、新しい取組を導入したりすることに抵抗を感じるかというと、大学の経営層には大学の将来に対する危機感を感じている人は増えてきていますが、一般の職員にはまだまだ危機感が薄いということがあります。

また、新しい取組を導入するということは、基本的には仕事が増えるということになります。

もちろん、本来であればスクラップ&ビルドをしながら仕事を進めていくことが理想となりますが、現実では、スクラップする仕事はあまりなく、新しい仕事がどんどん増えてきていく状況にあります。

職員の中でも若手の職員であれば、成長をしたいという意欲があったり、日々の生活の中で仕事に費やせる時間が多くあるので、新しい取組を導入することにあまり抵抗はないのですが、ストレスなく、そこそこの仕事ができればよいと割り切っている職員は、どうしても新しい取組に対して抵抗をしてしまうことがあります。

もちろん、ストレスなく、そこそこの仕事ができればよいという層の意識を変えることができればよいのですが、一度、そのような意識をもってしまったらなかなか意識を変えることは難しいです。

また、そのような層を排除できたりすればよいのですが、日本の法律ではそれができないような状況になっています。

このような状況から、他の業界で活躍をしてきた人材に大学としても期待をしていると思っています。

続いて、面接の考え方になりますが、転職者に対する面接では、新卒者とは異なり、実際の仕事経験のエピソードを聞きながら、大学に適した人材かどうかを判断していきます。

上記にも記載しましたが、大学では新しい取組をどんどん進めることにより、大学全体の業務量が増えてきています。

このため、業務をいかに効率的に進めるかということが大事になってきており、それを実現できる人材を求めてきています。

回答にあたっては、受験者自身の経験から、業務を効率化したエピソードを挙げ、受験者自身が、効率化の重要性を認識し、それを常に意識して業務を進めていける人材であることを伝えられるとよいと思います。

<回答例①>
「できることはすぐやること」だと思います。

これは、これまでに職場で出会った人を見て、「すぐやる」人は仕事をどんどん裁いていて、結果として効率的に進めていると感じたので私自身も実践するようになりました。

実際の仕事の中では、同時並行で多くの業務が舞い降りてくることになります。

その時点で抱えている業務の種類が多ければ多いほど、タスクを管理する時間や資料を探す時間などに費やすことになるので、業務の優先度を考慮しつつ、処理できるものはすぐに処理をして、管理する必要のない状態にしていくことが大事だと思っています。

【考えられる追加質問】
・自分なりのスタイルを確立するまでにどのような苦労がありましたか。
・長期的な時間が必要な業務にはどのように取り組んできましたか。

<回答例②>
現在の仕事では、コスト管理にかなり厳しいこともあり、常に業務の効率化の意識を持つように指導されてきました。

その中で、エクセルのマクロ機能を使った業務の効率化は、データを扱うことの多い大学でも活用が可能だと思うので、これまで業務経験を活かしながら、大学の中での業務の効率化に役立てていきたいと思っています。

【考えられる追加質問】
・エクセルのマクロ機能を使って具体的にどのような業務を効率化してきましたか。
・大学ではどのような業務に活用できると思いますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

  2. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク