国立大学の大学職員の採用試験対策については、私立大学とは異なり、国立大学職員を目指す方専用の対策書籍があったり、資格学校・予備校などで国立大学職員のための採用試験対策講座が実施されていたります。

国立大学職員の採用試験を受ける予定の方は、一度、専用書籍や資格学校・予備校の活用を検討するのもよいと思います。

また、私立大学職員の採用試験を受ける方も、筆記試験などは大学によっては共通する部分もあると思うので、必要に応じて検討してみるとよいと思います。

スポンサードリンク

国立大学職員試験の内容

国立大学職員を目指す方のための書籍や資格学校・予備校の紹介の前に、まずは国立大学職員の採用試験の内容について簡単にご紹介いたします。

国立大学職員の採用試験は、地区ごと(北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国、四国、九州)に実施にされる①「国立大学法人等職員統一採用試験」を受験する採用試験と、②個別の「各国立大学独自の採用試験」があります。

①「国立大学法人等職員統一採用試験」は、1次試験として統一の筆記試験(教養試験)を受験し、その後、2次試験として各大学で実施される個別の試験(面接等)を受けることになっています。

簡単に言うと、筆記試験は(教養試験)は地区ごとの大学がまとめて共通の試験を実施して、その後、筆記試験通過者が、希望する大学の採用試験を受験するという流れになります。

②個別の「各国立大学独自の採用試験」は、大学ごとに試験内容を独自に決めていますので、大学によって異なるのですが、それぞれ独自の筆記試験や面接試験を設定しています。

このため、国立大学職員の採用試験は2つのルートがあるということになります。

スポンサードリンク

国立大学法人等職員統一採用試験のスケジュール

続いて、「国立大学法人等職員統一採用試験」のスケジュールについてお伝えします。

採用試験の日程に合わせて準備をしていく必要がありますので、だいたいのスケジュールについて押さえておくとよいと思います。

<学部3年生>
~2月末:情報収集(採用説明会の参加を含む)や国立大学法人等グループ会員サービスに会員登録
3月上旬:「採用案内」の確認

<学部4年生>
5月中旬:受験申し込み
7月上旬:第1次試験(筆記試験)
7月下旬:1次試験合格発表
7月下旬~:第2次試験

国立大学職員の採用試験対策書籍

まずは、国立大学職員を目指す方のための採用試験対策書籍を紹介いたします。

<採用試験対策書籍>


<その他国立大学に関する書籍>



国立大学職員の採用試験対策ができる資格学校・予備校

続いて、国立大学職員の採用試験対策ができる資格学校・予備校をご紹介いたします。

資格学校・予備校は、自宅の近くにないと利用できないと思いがちですが、通信制のものも多く、自宅で採用試験対策ができるコースもあるので、それぞれの事情に応じて利用することができます。

まずは、資料請求をして、自分にあった学校を探してみるとよいと思います。

東京アカデミー

東京アカデミーでは、対象が市町村(教養型)警察官・消防官・国立大学法人等職員となっている「Eコース」が国立大学法人等職員の採用試験対策ができるコースとなっています。

こちらは通信講座となります。

その他の特典として、時事対策テキスト『時事蔵』や人物対策テキスト『パーフェクトガイド』の「市町村職員・警察官・消防官・国立大学法人・社会人経験者枠編」がもらえたり、個別・集団面接などの人物試験についてもサポートしてくれます。

また、東京アカデミーの修了生が残した面接試験などに関する「受験報告書」を各校事務局にて自由に見ることができます。

資料請求はこちらからできます。
公式サイト「東京アカデミー

クレアール

クレアールでは、「地方上級・市役所教養コース」で、採用試験対策が行えます。

Webの通信講座のみとなりますが、時事対策や論文対策、面接対策だけでなく、多くの人が苦手とする数的処理の過去問題集対応解説動画やWEBドリルなどの学習サポートツールもついています。

時期によって結構な割引がされているので、割引の時期に見つけたら早めに申し込むとよいと思います。

また、クレアールは、追加料金(3万円)を支払うことで、受講期限を1年延長できるオプションがあり、安心して学習することができることも特徴の1つです。

資料請求はこちらからできます。
公式サイト「クレアール

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドでは、「市役所教養コース」で国立大学法人等職員の採用試験対策ができるようになっています。

筆記試験(教養試験)対策だけでなく、面接や論文試験対策にも対応しており、模擬面接「リアル面接シミュレーション」が回数制限なく受講できるようになっています。

学習方法は、Webによる通信と通学の両方に対応していますので、どんな方でも利用することができます。

2019年6月までに申し込む場合は、1万円割引の特典もあります。

また、LEC東京リーガルマインドでは、「国立大学法人等職員採用公開模試」を実施しており、この模試は自宅受験もできるので、これだけでも利用する価値は大きいと思います。

資料請求はこちらからできます。
公式サイト「LEC東京リーガルマインド

まずは、興味のある複数の学校の資料請求をして、自分に合ったものを探してみましょう。

★公式サイト「東京アカデミー
★公式サイト「クレアール
★公式サイト「LEC東京リーガルマインド

その他大学職員の採用試験対策ができる書籍等の紹介

大学に関連する最新のデータから大学業界の傾向を知ることができます。

大学の課題や実態、専門用語などについて解説されています。

大学職員の面接試験で出される可能性の高い質問と回答例、面接官の視点などについてまとめてあります。

大学に関する最新のニュースをまとめています。

大学職員を目指す方が登録すべきサイトをまとめています。

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

  2. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク