<面接官の視点や回答の方向性>
組織の理想的な考え方としては、「プライベートも仕事も充実する」ということになりますが、実態としてはなかなかうまくいかない状況もあります。

スポンサードリンク


特に、最近の大学では、次から次への改革が求められており、部署によっては、連日忙しいという部署もあったりもします。

このため、「プライベートをすごく重視」というスタンスに立ってしまうと、ややマイナスな印象を与えてしまう場合があります。

また、面接官も頭の中では、ワーク・ライフ・バランスの重要性についてわかっていても、面接官自身がかなり忙しく働いた経験がある場合は、同じようにがむしゃらに働く職員を求めていたりもします。

このような状況から、回答にあたっては、「ワーク・ライフ・バランスは重要であること」を伝えたうえで、「自分自身は組織の状況に応じて集中して働く時期もあってもよい」というようなことを伝えるとよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
プライベートが充実していると、仕事へのモチベーションや発想力が高まったりすると思うので、できれば、仕事とプライベートの両方のバランスがとれていることが望ましいと思います。

ただ、個人によっては、仕事に集中してもよい時期があったり、組織としても頑張りどころの時期があったりもすると思うので、個人の特性に合わせて、うまくバランスがとれればよいのかなと思います。

【考えられる追加質問】
・ワーク・ライフ・バランスを充実するために組織として取り組むべきことは何かあると思いますか。
・これまでに何かに集中して頑張ったことはありますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト