<面接官の視点と回答の方向性>
なかなか難しい質問だと思います。この質問も業務に対する考え方を通じて、受験者自身の人間性などを確認することになります。

スポンサードリンク


基本的には、「その業務をやるべき人がやる」という考え方になりますが、実際にはそう簡単にはいかないというのが現状だと思います。

ときどき、「絶対にやるべき人にやらせるべき」というスタンスをとる受験者もいますが、実際にはそれがなかなか難しいこと、大学としては、バランスよく調和がとれる人材がほしいということもあるので、このようなスタンスをあまり強く押し出さないほうがよいと思います。

このため、回答では、「基本的にはこうである」、「ただし、それだけではうまくいかない」、「組織全体で対応してく必要がある」、「頑張った職員にもケアが必要」といった流れで回答するとよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
基本的には仕事を押し付けている職員に、しっかりと説明をしてやるべきことはやってもらうということになると思います。

ただ、私もアルバイトの中でそのような人がいたのですが、実際には説得が難しくて、仕事を無理にさせようとすると、職場の雰囲気がすごく悪くなり、より悪い状況になるという可能性もあると思います。

このため、部署内の職員の仕事に対する意欲などを考慮して、必要に応じて他の職員に割り振るということも必要になってくると思います。

そのような場合は、代わりに仕事を行う職員には、それに見合った評価をしてあげたり、業務外のコミュニケーションなどを通じて、その職員が不満を持たないようにすることが重要になると思います。

【考えられる追加質問】
・アルバイトでのエピソードを具体的に教えてもらえますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト