<面接官の視点と回答の方向性>
健康面に多少問題があったとしても、嘘のない範囲内で健康をアピールするようにしましょう。

スポンサードリンク


もし、健康面に問題があるようでしたら、健康を保つために「ジョギングをしている」、「毎日ストレッチをしている」などと、健康のための活動を面接までに始めておくとよいと思います。

最近の大学では、仕事が高度化していることもあって、精神面に支障をきたして休職に入ってしまう職員もいたりします。

スポンサードリンク


休職に入る前段階では、体調を崩して休暇をとるようになり、休暇をとることで仕事がうまく進まなくなり、そうなることで周りの職員に迷惑をかけてしまい、最終的に休職につながるというケースも多かったりします。

このような状況から、面接官としては、健康面については見た目や話しぶりでも確認しますが、本人がどのような認識を持っているかという点にも注目しています。

<回答例①>
大学時代は、勉強だけでなくサークル活動やアルバイトも行っていましたが、体調を崩すことは4年間で1~2回程度であり、健康面には問題がないと考えています。

<回答例②>
体調をくずしてしまうとアルバイトや趣味ができなくなってしまうため、健康には気をつけています。

現在は、週に1回程度ジョギングをするようにしていますが、健康面に不安はありません。

<回答例③>
健康は全く問題ありません。風邪も3年くらいひいておりませんし、体も特に悪いところはありません。

ただ、これから徐々に老いていくと思うので、健康のために食生活には気をつけるようにしています。

【考えられる追加質問】
・健康を維持するために工夫していることはありますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト