<面接官の視点と回答の方向性>
大学業界では、専門職(スペシャリスト)の必要性が議論されるようになってきており、職員個人に対しては、ジェネラリストとスペシャリストのどちらを目指すべきなのかというようなことも聞かれるようになってきています。

スポンサードリンク


個人的には、大学では幅広い業務を行える人材がいるべきだと考えているので、基本的にはジェネラリストが多いほうが望ましいと考えておりますが、一部の職種についてはスペシャリストでもよいのではないかと考えております。

少なくとも、アメリカのようなスペシャリストが多く占めるような組織にはなるべきでないと考えているので、面接の回答の際には、どちらかということではなく、「どちらも必要で、スペシャリストとジェネラリストが共存する組織が理想」というような回答を行うことが無難であると考えています。

スポンサードリンク


<回答例>
どちらも必要だと思います。例えば、情報、国際、広報など、特定の分野については、一定のスペシャリストが必要だと思いますが、これらの分野でもすべての職員をスペシャリストで構成する必要はなく、そうでない職員もいることでより組織が活性化すると思います。

また、ジェネラリストについては、大学の業務が幅広くある中で、様々な経験があるからこそ、正しい判断ができたり、組織間の連携ができたり、効率的に業務を進めることができたりすると思うので、ジェネラリストは必ず必要になると思います。

【考えられる追加質問】
・なぜ、情報、国際、広報はスペシャリストが望ましいと考えているのですか。
・あなたはスペシャリストとジェネラリストのどちらを目指したいですか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト