<面接官の視点や回答の方向性>
大学職員の仕事をしっかりとイメージできているかを見ているので、職員の仕事と絡めて具体的な説明ができるとよいと思います。

スポンサードリンク


少し注意していただきたいこととしては、大学職員を目指す方の中には、「教育」をよくしたいと考える人も多いです。

ただ、「教育」や「研究」に関することは、基本的には先生方の領域となるとめ、職員ができることは限られてきます。

一方で、職員だからこそできるところも多くあるため、面接の場では職員だからこそできることを念頭に置いて回答する必要があります。

面接の場で自分がやっていきたいことや大学の理想を話すことも大事ですが、例えば、「すべての授業をアクティブ・ラーニングにしたい」と言った場合は、「教育を行うのは先生の仕事だから、職員として何ができるのか」などとさらに聞かれてしまうことになります。

そうなったときに、職員と教員の役割をしっかりと理解していないと、適切な回答ができなくなってしまうので、あらかじめ職員の役割について理解したうえで回答を準備しておいたほうがよいと思います。

スポンサードリンク


◆用語確認
「アクティブ・ラーニング」とは
伝統的な教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学習者の能動的な学習への参加を取り入れた教授・学習法の総称。

学習者が能動的に学ぶことによって、後で学んだ情報を思い出 しやすい、あるいは異なる文脈でもその情報を使いこなしやすいという理由から用いられる教授法。

発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディ スカッション、ディベート、グループ・ワーク等を行うことでも取り入れられる。(文部科学省ウェブサイトより)

<回答例>
大学は先生と職員が連携し、両輪となって運営していく必要があると思います。

その中で、先生方については、教育・研究という大きな業務がある中で、「大学がどう進むべきか」という経営的な部分については、常日頃考えることは難しいと思います。

また、大学の組織では、特に「教育」や「研究」に関することは、先生方に権限があるものも多いと聞いております。

このため、職員は、先生方が正しい判断ができるように必要な情報を提供したり、大学が進むべき道に先生方が決定するように誘導していくことが職員の役割だと思います。

【考えられる追加質問】
・先生方を誘導するためにはどのような職員になる必要がありますか。
・「教育」をよくするために職員できることは何だと思いますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト