はじめに

大学職員の就職・転職活動を進めるうえでは、自己分析をしたり、自分のアピールポイント考えたり、受験する大学の情報収集をしたり、エントリーシートを作成したり、面接対策をしたりと様々な準備をする必要があります。

スポンサードリンク


これらの準備を進めていくうえでは、自分1人で対応していくには限界があるので、できるだけ様々なサポートツールを活用したほうがよいと思っています。

また、自分のアピールポイントやエントリーシートの作成、面接対策については、第3者や専門知識のある方に確認してもらうことで、よりよいものを準備することができると思います。

特に、大学職員は、そもそもの求人数があまり多くなかったり、競争倍率が100倍を超えることがあったりもするため、事前の準備が非常になるため、利用できるものは利用したほうがよいと思っています。

また、就職・転職活動を行っていくうえでは、どうしても時間が必要になり、時間が足りないことにより、しっかりと準備が進められず、思うような結果に結びつかないケースがあります。

このようにできるだけ「時間を確保」する意味でも、様々なサポートツールを活用し、できるだけ効率的に就職・転職活動を進めていく必要があると思っています。

そこで、この記事では、大学職員への就職・転職を目指す方が利用してもよいと思うサポートツールを紹介したいと思います。

ご自身のご意向に合わせてご利用いただければと思います。

各大学の採用試験や給料・職場の雰囲気などの口コミ情報が見れるサイト

大学職員の就職・転職を目指すうえでは、過去にどのような採用試験が行われていたかを知ることは非常に重要になります。

例えば、求人や募集要項に「筆記試験」と記載があってもそれが、「SPI」なのか、「クレペリン」なのかがわからなかったりします。

そのような場合に、口コミ情報が見れるサイトを見ることで、過去の具体的な試験内容がわかり、筆記試験対策が進めやすくなったりします。

また、面接試験についても、面接官がどのような人で何人程度か、どのような質問がされたかなどを知ることができる場合があり、事前に面接試験をなんとなくイメージできたりします。

その他にも、受験する大学を決めたり、内定を得た大学の中から実際に勤務することにする大学を決めるために、各大学の給料や職場の雰囲気、福利厚生、残業の状況、女性の働きやすさなど、様々な情報を見ることができます。

口コミ情報が見れるサイトはいくつもあり、サイトによって見ることのできる情報は異なりますが、私がオススメするのは次の2つのサイトです。

まずは、この2つのサイトに登録し、もっと見たいという方はそれ以外のサイトにも登録してもよいと思います。

★転職会議
面接・試験・選考情報、年収・給料・ボーナス・評価制度、働く社員の印象、福利厚生・社内制度、入社理由・入社後の印象・ギャップ、女性・子育て支援・産休・育休・時短勤務、残業・ワークライフバランス、仕事の魅力・やりがい・面白み、人事・教育・研修体制・スキルアップ、退職した人の退職理由・離職率、成長・将来性、トップ(学長等)の魅力などの口コミ情報を見ることができます。
転職会議(公式サイト)

★キャリコネ転職
転職・中途採用面接情報、年収・給与明細・賞与(ボーナス)、残業代・残業時間などの実態、ホワイト度・ブラック度チェック、その他(働く環境、やりがい、残業・休日出勤、女性の働きやすさ、長所・短所、出世、退職した人の退職理由)などの口コミ情報を見ることができます。
キャリコネ転職(公式サイト)

エントリーシート・職務経歴書等の作成をサポートしてくれるサイト

就職・転職活動を進めていくうえでは、エントリーシートや職務経歴書等を作成する必要がありますが、時間があまりない状況で就職・転職活動をしている方も多いため、あまりしっかりと作成できてないケースがあります。

私自身もエントリーシート・職務経歴書の作成支援を行っておりますが、実際にエントリーシート等を見たうえで、「エントリーシートに記載のある〇〇は具体的にどういう意味ですか」などと聞いてみると、なんとなく書いただけでうまく回答ができないものだったり、「自己PRに記載のある〇〇についてもう少し具体的に教えてもらえますか」と聞くと、ほとんどアピールにならないようなエピソードを言ってきたりと、「面接を想定した記載」になっていないケースがよくあります。

私にご相談いただける方のように、事前の作成段階で確認することができればよいのですが、それが提出後に見つかってしまうと、実際に面接対策をしている中で、「こういうことを言いたい」と思ったり、「これはアピールにならないから別のエピソードにしたいな」と思ったとしても、面接ではエントリーシートに記載したことを前提に進めることになるので、面接の場で思ったようにアピールができなかったりもします。

このため、エントリーシートや職務経歴書は、単なる書類の提出ではなく、その後の面接にもつながるものとなるため、「面接を想定した記載」にしておく必要があります。

ただ、実際にはエントリーシートや職務経歴書は自分1人でも作成できてしまうため、誰にも確認してもらうことなく提出してしまうケースが多いのですが、事前に第3者や専門知識のある方に見てもらうことで、自分では気が付かなかった課題や問題点に気づくことができ、それが面接にもつながるものになるため、できるだけ第3者や専門知識のある方に見てもらうことをおススメします。

このように、第3者や専門知識のある方に見てもらう場合は、それなりにやりとりをする必要もありますので、エントリーシートや職務経歴書の作成のタイミングもできるだけ前倒しにやっていく必要があることも理解しておくとよいと思います。

そこで、「エントリーシート・職務経歴書等の作成をサポートしてくれるサイト」についてですが、大きく、無料で利用できるものと、有料で利用できるものがあります。

無料でできるものとしては、転職エージェントがあります。転職エージェントは、社員や職員を採用したいと考えている企業や大学等に人材を紹介し、採用が確定すると、企業や大学等が年収の何割かを手数料としてもらうというビジネスモデルとなっています。

このため、利用者は費用を支払うことなく支援を受けることができるようになっており、転職エージェントは、利用者が採用されないと利益を上げることができないので、利用者に対しては、エントリーシートや職務経歴書の添削を行ったり、面接指導をしたりすることで、利用者が企業や大学に採用してもらえるようにサポートしてくれることになっています。

このような無料のサポートは転職エージェントならではのもので、どの転職エージェントでもそれなりのサポートを受けることは可能となります。

ただ、私自身のオススメとしては、「doda」と「リクルートエージェント」です。

この2つのサイトは、転職エージェントの中でも比較的大学職員の求人が多く、転職エージェント側としても、自社のサイトから採用される可能性のある利用者への支援のほうがモチベーションが上がるからです。

もしこのような転職エージェントから無料で支援を受けたいという方は、まずはこの2つのサイトに登録するとよいと思います。
doda(公式サイト)
リクルートエージェント(公式サイト)

次に、有料で利用できるものとしては、実際に大学職員として採用に携わっている人や、エントリーシート等の添削を専門に行っている人が、自分のスキル等を活用したサービスを販売している「ココナラ」というサイトがあります。

このサイトでは、大学職員への就職・転職に特化したサービスが販売されていたり、エントリーシートの添削や面接指導を行うサービスが販売されていたりします。

私自身も、「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスします」や「大学職員の就職・転職活動を1ヵ月間サポートします」、「大学職員採用試験のメール模擬面接を行います」などのサービスを販売しています。

他にも色々なサイトがありますので、まずは無料会員登録を行い、利用してみたいサービスがあるかと確認してみるとよいと思います。

人気のサービスは一時的に「満枠(売り切れ)」なる場合もありますので、利用してみたいと思うサービスがあった際は、早めにアプローチすることも重要になってくると思います。
スキルのオンラインマーケット「ココナラ」(公式サイト)

自分の強みがわかる「グッドポイント診断」

グッドポイント診断はリクナビネスクストの就職支援ツールで、無料で診断テストを受けることで、自分の強みを探してくれます。

エントリーシートや自己PR書で、自分自身の強みを記載することがありますが、自分で強みを考えるというのも実は難しかったりします。

そこで、まずはこのグッドポイント診断を行うことで、自分の強みを知るヒントを探すことができます。

本格的にやりたい人は以下のような専用の書籍を購入する必要がありますが、このグッドポイント診断はネットだけで無料できるのでオススメのサイトです。

<イメージ>

グッドポイント診断を行い方は公式サイト「グッドポイント診断」から行うことができます。
(参考記事)「無料でできるストレングスファインダー!?自分の「強み」がわからないときはリクナビネクストのグッドポイント診断が素敵!」

あなたの市場価値がわかる「市場価値診断」

こちらは大手人材サイトのインテリジェンスが無料で提供しているツールになります。

簡単なテストを受けることで、あなたにフィットする求人数や上限平均年収を知ることができます。

<イメージ>


市場価値診断テストを行いたい方は、市場価値診断テストから行うことができます。
(参考記事)転職活動(就職活動)にテンションが上がらないときは「市場価値診断(無料)」をやってみよう!自分がどれくらいの年収の会社に転職できるかイメージできるよ。

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト