大学職員を目指す方の中には「母校のほうが有利なのではないか」と疑問に思う人もいると思います。そこですべての大学を調べることはできないのですが、一部の大学の母校採用率の調べ方を紹介したいと思います。

母校採用率を調べられる可能性のある公開資料

各大学が自ら母校採用率を公表していることはかなり少ないのですが、母校採用率が公表されている可能性のある資料などをいくつか紹介したいと思います。

まず最初は各大学の採用ページです。各大学の採用ページには大学によって職員採用試験の受験者数や合格者数を掲載している場合があります(公開している大学自体も少ないですが)。その際に「卒業生」の合格者数を記載している場合があるので、そのような大学であれば母校採用率を確認することができます。

例えば立教大学では、

2019年度:新卒採用者4名(うち卒業生2名)
2018年度:新卒採用者2名(うち卒業生2名)
2017年度:新卒採用者3名(うち卒業生2名)

などとなっています。

関西大学では、

2020年度:採用者17名(うち卒業生16名)
2019年度:採用者16名(うち卒業生14名)
2018年度:採用者18名(うち卒調整15名)

などとなっています。

また、これもかなり事例が少ないのですが、大学の年報や財務報告と言われる資料にその年度の採用した職員数のデータと併せて卒業生の採用数が記載されていることがあります。

ただ、このように公開されている大学はかなりレアな大学になるので、なかなか母校採用率を見つけることは難しいと思います。

母校採用率が確認できる書籍

続いて、すべての大学ではないのですが、約70大学分の母校採用率がわかる書籍があります。それは「大学ランキング 2021 (AERAムック)」です。

この書籍の「事務職員ランキング」の「事務職員採用」という部分で、採用人数が多い大学の採用人数と新卒比、自校比を記載しています。

この自校比がいわゆる母校採用率と理解してよいと思います。

詳細はこちらに記載することはできないのですが、例えば2021年度版では、

・都内私立大学(早慶上智レベル):採用者24名、母校採用率58.3%
・都内私立大学(MARTCHレベル):採用者17名、母校採用率17.6%
・関西私立大学(関関同立レベル):採用者46名、母校採用率30.4%
・関西私立大学(産近甲龍レベル):採用者23名、母校採用率4.3%
・都内国立大学:採用者46名、母校採用率26.1%
・地方国立大学:採用者33名、母校採用率3.0%

などとかなり大学によって異なっています。

一番高いところでは母校採用率97.8%、一番低いところでは母校採用率0.0%となっています。

ざっと全体を見ると、国立大学や医科歯科系の大学は比較的母校採用率が低く、女子大学や芸術系の大学は比較的母校採用率が高いように感じます。

このデータは毎年更新されているので、掲載されている大学も毎年異なっています。このため、毎年のように採用数が多い大学は毎年掲載され、たまたま採用数が多い年度があった大学は、その年度だけ掲載されているような感じになります。

大学職員の母校採用率はなかなか調べることができないので、気になる人は参考に買ってみてもよいかもしれません。仮に志望する大学が掲載されていなくても、全体的な傾向は感じ取れるのかなと思います。

大学ランキング 2021 (AERAムック)

大学ランキング 2020 (AERAムック)

大学ランキング 2019 (AERAムック)

私が大学職員を目指す方からご相談を受けている中で感じる母校採用率

私が大学職員を目指す方からご相談を受けている中で感じている母校採用率については、「母校採用率はそこまで高くない」という印象をもっています。

ただ、早稲田大学や慶應義塾大学などのレベルの高い大学については、そもそも卒業生でよい人材が多いということもあり、結果的に卒業生が合格していることが多いので、一部のレベルの高い大学については母校採用率は高いというような印象をもっています。

ただ、「卒業生しか採用していない」という大学はほとんど聞いたことはないのです、どの大学であっても少なからずチャンスはあるのかなと思っています。

合わせて読みたい記事
スポンサーリンク

管理人プロフィール
・大学職員歴10年以上で採用試験の面接官を担当
・これまでに大学職員を目指す約100人の方の応募書類等の添削や面接対策に対応
・キャリアコンサルタント(国家資格)保有
・ツイッター(@daigaku_123)でも採用試験対策に関する情報を発信しています
・Amazonで採用試験対策に関する電子書籍を販売しています
↓2020年7月にはAmazonのキャリア部門でホリエモンの「多動力」を抜いて9位と10位になりました↓Amazonキャリアランキング


新サイト(姉妹サイト)のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは面接試験で実際に出された質問や実際に大学職員採用試験に応募した方の志望動機・ESの実例、テーマ別小論文作成例などの一般には公開しにくい情報を中心に掲載しています。主なコンテンツは、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介各種大学ランキングまとめです。こちらのサイトもぜひご活用ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト

2020年の人気記事(ページビューランキングトップ10)
第1位:大学職員の面接対策「よく出される質問」と回答例
第2位:【例文15個】大学職員志望動機例文まとめ~現役大学職員面接官が伝えたいこと~
第3位:大学職員の給料(年収)はピンキリだから受ける前にこの記事読んで!
第4位:現役大学職員面接官が伝える採用試験に合格するための対策
第5位:大学職員面接質問例「大学における職員の役割は何だと思いますか」の回答
第6位:大学職員の仕事内容を理解しておく理由と仕事理解ができる記事の紹介
第7位:面接質問例「大学職員に採用されたらどのような仕事がしたいですか」の回答
第8位:大学職員の面接試験でよい印象を与える逆質問とは
第9位:面接質問例「あなたの大学職員に採用された後のキャリアプランについて教えてもらえますか」の回答
第10位:大学職員の仕事②「教務の仕事内容」の紹介

本ブログの主な記事一覧
★「大学職員の仕事理解・職業理解」に関する記事★
★「大学職員採用試験に応募する前の準備」に関する記事★