<面接官の視点や回答の方向性>
研究活動の促進については、国公立大学や理系大学など、教育だけでなく、研究活動も重視している大学では、面接の場でも質問として出される可能性があります。

スポンサードリンク


研究については、職員としては、あまりできることがないようにも思えますが、先生方が研究を進めやすい環境を整えることなど、職員としてできることもたくさんあると思います。

回答にあたっては、先生方と職員の役割分担を意識しつつ、職員が主体的にできる研究環境の整備などについて提案できるとよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
先生方の研究活動を促進するために職員ができることとしては、先生方が研究活動を進めやすい環境を整えることだと思います。

近年の大学では、様々な改革や新しい取組を進めていることもあり、先生方が研究に費やすことのできる時間が少なくなってきていることが課題だと言われています。

このため、先生方が提出しなければならない書類を効率化して事務負担を軽減したり、職員が主体的に決められることは職員に権限を委譲するなど、先生方が研究に専念できる時間を確保することが1つの方法だと考えられます。

【考えられる追加質問】
・本学の教員が進めている研究で特に印象に残っているものはありますか。
・職員が主体的にできることとはどのようなことがありますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト