<面接官の視点や回答の方向性>
大学では、他大学との競争に勝ち残っていくため、新しい取組を行っていく必要があります。

スポンサードリンク


新しい取組を行っていく中では、これまでは先生方が提案をして実施していくということが多かったのですが、最近では、職員が提案をし、先生方に納得をしてもらったうえで実施するという場面も多くなってきています。

このため、受験者に提案力や発想力があるかを確認していきます。

回答にあたっては、組織をよくするために行ったエピソードで、可能であれば、わかりやすいもので、大学でも転用可能なものがよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
現在の会社では営業を担当しているのですが、営業部署は地域によっていくつかのチームに分かれ、それぞれのチームごとに毎月の目標が掲げられ、それに向かって業務を進めています。

基本的には、チームの業績をいかに上げるかが重要になるため、チーム内での情報共有はすごく行われているのですが、他のチームとの情報共有はあまり行われていませんでした。

そこで、各チームの成功事例や失敗事例の共有を行うことを提案したところ、今では、年に2回程度、全チームを集めたミーティングを行うようになり、また、ミーティングだけでなく、会社としての成功事例集を作成するようになりました。

【考えられる追加質問】
・なぜ、あなたの提案が採用されたと思いますか。
・提案をする際に工夫をしたことはありますか。
・提案をしやすい組織にするためにはどのようなことが必要になると思いますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト