<面接官の視点と回答の方向性>
具体的なエピソードを添えて問題ないことを説明するとよいと思います。

スポンサードリンク


大学職員の仕事は一般的に「楽」という印象がありますが、実際には精神的な問題で長期で休んでしまう人もいたり、イベント運営も多く体力的にも辛い場面もあったりします。

体力面で言うと、例えば、入試などのイベントの仕事では、重い荷物をたくさん運ぶ必要がありますし、夜遅くまで勤務して、早朝に出勤ということもよくあります。

スポンサードリンク


また、部署によっては時期により、連日深夜まで勤務するということもあります。

精神面では、どの組織でもそうですが、説明してもわかってくれない人に粘り強く説明する必要があったり、クレーマー的な学生への対応があったりします。最近は保護者への対応も増えています。

面接官としては、大学職員の仕事に耐えられかという視点と大学職員の仕事を理解しているか(楽なイメージしか持っていないわけではないか)などについて見ています。

<回答例①>
体力的にも精神的にも問題ないと考えております。

高校生の頃は、サッカー部に3年間所属しており、辛い練習にも耐え抜いてきました。

特に、大会前には朝練もやるようになりますが、ほとんど休まずに練習を行えました。

また、大学時代には居酒屋や引っ越しのアルバイトを経験し、最初はうまく仕事をこなすことができず悔しい思いもしましたが、大変なときも粘り強く働くことで、それぞれの勤務先でしっかりと戦力として勤務することができました。

【考えられる追加質問】
・サッカー部ではどんなポジションでしたか。
・アルバイトで特に大変だったことはありましたか。
・アルバイトでミスをしたことはありますか。また、それを改善するために自分自身でどのような工夫をしましたか。

<回答例②>
これまでの約5年の職務経験の中で多くの厳しい仕事を経験してきているので、大変な仕事でも耐えることができると思っています。

前職(現在の仕事)では、営業担当として勤務しており、毎月の売り上げノルマを厳しく管理されていました。

新人職員の頃はノルマを達成できないことがありましたが、成功パターンを必死に勉強し、2年目以降はノルマを達成するだけでなく、全体を通じて5%以上の売上アップを達成することができました。

また、プロジェクトのリーダーを任された際には、異なる考えをもつチーム内の調整で苦労したこともありましたが、コミュニケーションをしっかりとりながらプロジェクトを成功させることができました。

【考えられる追加質問】
・ノルマを達成するために工夫したことはありますか。
・成功パターンの勉強とはどのようなことをしましたか。
・どんなプロジェクトのリーダーをまかせられましたか。
・リーダーとして失敗したと思うことはありますか。それをどのようにすればよかったと思っていますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  4. みんなの得意を売り買い「ココナラ」

     大学職員に特化したエントリーシート添削や面接指導サービスなどが出品されています。私も「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスします」を出品しています。興味がある方は『公式サイト「ココナラ」』をご覧ください。

  5. 就活力診断(キャリアパーク)

     無料で「就活力」・「就活偏差値」を調べることができるサイトです。まずは自分の実力を知るために活用してみるとよいと思います。診断は『公式サイト「就活力診断」』

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数の転職サイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきており、非公開求人にも定評があります。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク