<面接官の視点と回答の方向性>
受験者の回答を通じて、どのような対応ができる人材なのか、このような場面でも耐えることのできる人材なのかについて確認をします。

私の大学ではそこまで多い状況とは思いませんが、一定程度はこのような職場があると思っています。

また、最近は、大学職員の中に、正職員だけでなく、契約職員、人材派遣職員など幅広い雇用形態の職員がいるため、例えば、契約職員の方が、「正職員は働かない」という印象を持ち、その部署の人間関係が悪くなるというケースもあると思います。
 
回答としては、「そのような職場でもうまく対応することができ、解決に向けて取り組める人材」というニュアンスを伝えられるとよいと思います。

<回答例①>
もともとギスギスしている職場を急に和やかにするということは非常に難しいと思うので、まずは、自分自身が1人ずつとうまく人間関係を作るようにし、少しずつよい方向に導ければよいと思います。

そのうえで、職員の間に誤解があるようであれば、私が間に入って少しずつ解きほぐしていければと思います。

ただ、例えば、AさんとBさんが特に仲が悪く、解決が困難というような状況がある場合は、無理に仲良くさせようとするのではなく、AさんとBさんの業務の関わりが少なくなるように担当業務を変更したり、人事異動により解決するという方法もあると思います。

職場の人間関係が悪いと、大学をよくしていくということも難しくなってしまうと思うので、少しでもそのような状況を改善できる人材になりたいと思います。

<回答例②>
様々な事情や人がいるなかで、人間関係が悪くなってしまうこともあるかと思います。

その際は、誰か特定の人の肩を持つわけではなく、中立に距離をとっておきたいです。

また一緒に働く上で、どういうことがあって、誰と誰が苦手なのかも把握しておきたいです。そうしておくことで、一緒に作業する人や座席など配慮できるかと思います。

【考えられる追加質問】
・これまでの職務経験やアルバイトなどで、これまでに人間関係が悪い場面に遭遇したことはありますか。そのときに、どのような対応をしましたか。

合わせてチェック
スポンサーリンク

管理人プロフィール
・大学職員歴10年以上で採用試験の面接官を担当
・これまでに大学職員を目指す約100人の方の応募書類等の添削や面接対策に対応
・キャリアコンサルタント(国家資格)保有
・ツイッター(@daigaku_123)でも採用試験対策に関する情報を発信しています
・Amazonで採用試験対策に関する電子書籍を販売しています
↓2020年7月にはAmazonのキャリア部門でホリエモンの「多動力」を抜いて9位と10位になりました↓Amazonキャリアランキング


新サイト(姉妹サイト)のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは面接試験で実際に出された質問や実際に大学職員採用試験に応募した方の志望動機・ESの実例、テーマ別小論文作成例などの一般には公開しにくい情報を中心に掲載しています。主なコンテンツは、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介各種大学ランキングまとめです。こちらのサイトもぜひご活用ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト

2020年の人気記事(ページビューランキングトップ10)
第1位:大学職員の面接対策「よく出される質問」と回答例
第2位:【例文15個】大学職員志望動機例文まとめ~現役大学職員面接官が伝えたいこと~
第3位:大学職員の給料(年収)はピンキリだから受ける前にこの記事読んで!
第4位:現役大学職員面接官が伝える採用試験に合格するための対策
第5位:大学職員面接質問例「大学における職員の役割は何だと思いますか」の回答
第6位:大学職員の仕事内容を理解しておく理由と仕事理解ができる記事の紹介
第7位:面接質問例「大学職員に採用されたらどのような仕事がしたいですか」の回答
第8位:大学職員の面接試験でよい印象を与える逆質問とは
第9位:面接質問例「あなたの大学職員に採用された後のキャリアプランについて教えてもらえますか」の回答
第10位:大学職員の仕事②「教務の仕事内容」の紹介

本ブログの主な記事一覧
★「大学職員の仕事理解・職業理解」に関する記事★
★「大学職員採用試験に応募する前の準備」に関する記事★