<面接官の視点や回答の方向性>
大学職員は、一部については専門職的な職種ができてきましたが、多くは総合職として採用し、ジェネラリストを育成するケースが多いと思います。

スポンサードリンク


「やりたい仕事」について質問すると、「学生支援」、「留学支援」、「広報」、「産学連携」などを挙げる受験者が多く、「総務」、「人事」、「会計」、「財務」などを挙げる受験者はほとんどいません。

組織としては、ある一定の種類の専門職も必要ですが、幅広い仕事ができる人材のほうが、人事異動もしやすく、その時々の強化したい部署によい人材を集めることで大学を活性化したり、逆に、よくない人材がいたときに、あまり影響のない部署に配属することができたりと、ジェネラリストのほうが専門職よりも使い勝手がよく、組織としても安定するという事情があります。

例えば、専門職として採用した人材が、あまりよい人材でなかった場合、人事異動もできなければ、日本の雇用制度ではクビにすることもできないので、その部署の仕事はいつまで経ってもよくなりません。

また、大学の仕事は、専門職でなければできない仕事がそこまで多くないという事情もあるかもしれません。

このようなこともあり、大学では、幅広い仕事ができるジェネラリストを育成する大学が多いと感じています。

面接での回答では、純粋にやってみたい仕事を伝えつつ、様々な仕事を経験しながら、大学にとって必要な人材になりたというような回答にして、「この仕事だけを極めたい」というような回答はしないほうが無難だと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
学生支援の仕事に携わっていきたいと思っています。

私は大学時代に教職免許の取得をしましたが、取得にあたっては、担当の職員の方にサポートしていただくことで何とか取得することができました。

特に、教育実習のときは、不安が大きい中、職員の方にアドバイスをいただいたことで乗り越えられたと思っています。

もともとは高校の教員を目指していましたが、このような経験から大学職員を目指し、自分自身もが学生を支援する仕事を行いたいと思っています。

ただ、大学職員の仕事には、学生支援だけでなく、広報、財務、会計、産学連携など様々な仕事があるので、幅広い経験をして、大学改革を進められるような人材になっていきたいと思っています。

【考えられる追加質問】
・職員の方にどのようなアドバイスをもらいましたか。
・将来的にどのような職員になりたいと思っていますか。
・なぜ教員になることを諦めたのですか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト