<面接官の視点と回答の方向性>
社会貢献については、教育や研究よりは大学職員が積極的に関われる分野となります。

スポンサードリンク


そもそも基本的な大学の使命は大きく3つとされており、それは「教育」、「研究」、「社会貢献」とされています。

その中で、「社会貢献」はあまり問われていなかった印象がありましたが、大学では多額の税金が補助金として投入されていることが認識されるようになり、「社会貢献」の機能も大学に強く求められるようになってきており、大学側も「社会貢献」を行っていることを積極的にアピールする必要が生じてきました。

そういった意味から、社会貢献についてはこれからも多くの改革が進んでいくと考えられ、職員の企画力や発想力が求められるところでもあります。

面接の場では、受験する大学に合わせて、公立大学ではあれば設置されている自治体に貢献できる取組を、私立大学であれば大学の理念に基づいた社会貢献の取組を提案できるとよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
社会貢献については、職員が積極的に関われる分野だと思います。

大学における社会貢献とは、大学の知識を還元するための公開講座や自治体と連携した取組、地域コミュニティとの連携、施設の貸し出しなど幅広いものがあると思っています。

また、学生ボランティアを活性化していくことも社会貢献を進めていくための取組の1つになると思っています。

【考えられる追加質問】
・あなたが特に進めたい社会貢献の取組はあります。
・本学で実施している社会貢献の取組で印象に残っている取組はありますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト