<面接官の視点や回答の方向性>
短所については、長所と逆になり、大学職員に求められる人材像に影響のないような内容を伝える必要があります。

スポンサードリンク


そのうえで、短所も長所と同様に、まずは自分自身の中で候補となる短所を挙げ、その中から改善が可能なものを選ぶとよいと思います。

また、大学では、チームワークが重んじられるため、チームワークを乱すとかコミュニケーション力が弱いというような短所は言わないようにするのが無難です。

スポンサードリンク


<回答例①>
私の短所は、「おせっかいなところ」だと思っています。

アルバイトなどで後輩などが困っていると、すぐに手を出したり、助けたくなってしまいます。

状況によっては、助けたりせずにまかせることで、後輩の成長になると思うので、状況によっては自分自身で我慢しなければならないところがあると思っています。

【考えられる追加質問】
・周囲からはどのような人だと言われますか。

<回答例②>
私の短所は「頼みごとを断れない」ということだと思っています。

友達やアルバイトの社員の方に頼みごとをされてしまうと、頼みごとを断れずに何でも受け入れてしまう傾向があります。

このような傾向があるため、社会人になってからは、時間管理は強く意識して仕事を進めるように心がけています。

【考えられる追加質問】
・どのような頼みごとをされることが多いですか。
・時間管理をしていくために重要なことは何だと思いますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト