<面接官の視点と回答の方向性>
理想の上司(職員像)とも重なる質問ですが、「昇任をしていきたいか」という観点からの質問の準備もしておく必要があります。

スポンサードリンク


大学職員の人事制度や仕事内容は、実際に勤務していないとイメージがしにくい部分もありますが、キャリアプランについて聞かれた場合は、少なくとも「前向き」なイメージを与える必要があります。

ときどき、「昇任はしなくてもよいのでずっと支える仕事をしていきたい」というような受験者の方もいます。

しかし、大学が置かれている状況としては、大学間の競争が激しくなり、生き残っていくために大学改革をどんどん進めていく必要があるため、先頭に立って大学改革を進めていくことができる人材を求めています。

必ずしもリーダーになれる人材ばかりがほしいわけではありませんが、「大学のために色々なことをやっていく」という印象を与える必要があります。

スポンサードリンク


<回答例>
仕事をやるからには上を目指していきたいと思っています。

そのためには、幅広い仕事を経験するとともに、人の嫌がる仕事にも積極的に取り組んでいき、組織の中で「融通の利く人材」になりたいと思っています。

また、業務外では、大学職員が運営しているグリーンネットワークなどの勉強会にも参加し、積極的に大学業界について勉強していきたいと思っています。

【考えられる追加質問】
・あなたのタイプは「リーダー」タイプですか。それとも「補佐」タイプですか。
・どんなことを勉強していく必要があると思いますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト