大学職員になるということはメリットもあればデメリットもあり、それを知りたい人は多くいると思います。

ここでは、大学職員に転職してデメリットだと感じていることについてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

大学職員に転職後は「自分自身が成長しないのでは」と思うことがある

大学職員に転職後、日々、仕事をしている中では、上司や先輩職員の仕事振りを見て、仕事の進め方や資料の作り方、判断の仕方について学ぶこともあります。

また、後輩職員が一生懸命に仕事に取り組む姿を見て、仕事に対する姿勢について学んだりすることもあります。

自分自身でも、新規事業の立ち上げなどで、上司や先生方に何度も説明したり説得したりして、色々な困難を乗り越えながら1つの仕事を完成させたときは、達成感もありますし、今後の仕事も進め方などについて学ぶこともあります。
 
それでも、民間企業に勤めている友人と会うと、大学という職場はやはりやや甘い職場で、友人たちよりも成長が遅れていると感じることがあります。

もちろん、大変な仕事も多く、成長していること自体は感じるのですが、なんとなく、もっと厳しい場にいる友人たちのほうがきっと成長しているんだろうなと思うことがあります。

大学職員に転職してデメリットと感じていることとして一番最初に思うことはこの点です。

スポンサードリンク

大学職員に転職後は民間企業のときと比べて仕事の達成感が少ない

民間企業のときは、目標とする売上があらかじめ決められていて、それを達成することができると、同じ部署の人(チーム)みんなで喜ぶことができました。

また、達成にあたって、自分がどれだけ売り上げることができたかも数字としてわかるので、自分の貢献度みたいなものも測ることができました。

一方、大学職員に転職後は、数値目標のようなものはないまでも、ある程度、その年度に達成すべき目標や計画は定められています。

また、目標や計画がないようなものでも、急に進めなければならない仕事が出てくることもあります。

もちろん、1つ1つの仕事をこなすことによる達成感はあるのですが、民間企業のようなチーム一丸となって日々頑張るというような一体感みたいなものが、あまりないのかなと思い、その点は大学職員に転職してデメリットになる点だと思います。

ただ、入学式、卒業式、文化祭、入試など、部署によっては大きなイベントもあるので、そのような部署で働くことができれば、少しは民間企業と同じような一体感を、感じれるようなときもあります。

また、最近は、大学改革が叫ばれており、プロジェクトのような仕事が増えてきています。

このような仕事に関わるときは、それなりにみんなで達成感を感じることもあるので、徐々に責任のある仕事をまかされるようになってくると、もっと変わってくるかもしれません。

ただ、大学職員に転職後の最初のころは、なんとなくこのような寂しい感じをしたのは、メリットかデメリットかで言えば、デメリットになると思います。

大学職員に転職後は後ろ向きな上司にあたることがある

民間企業で働いていた頃は、上司になっている人は、それなりに選ばれている人だったこともあり、非常に前向きで、仕事に対して熱心な方が多かったです。

一方で、大学職員に転職後は、大学職員は割と年功序列的な部分がまだまだ残っているので、そこまでに仕事に対して思いがない方でも、だんだんと役職があがっていくケースがあります。

このため、そのような方が上司になってしまうと、前向きに進めたいと思ったことがありそれを提案したとしても、「仕事が増える」というような理由で却下されてしまうケースがあったりします。

大学の場合は、新しい仕事を進めていくうえでは、先生方を説得していく必要がありますが、その前段でストップしてしまうようなこともあります。

私自身は、すごく前向きな方とめちゃくちゃ後ろ向きの両方の上司にあたったことがあるのですが、そのギャップはかなり大きいものがあると感じました。

このように後ろ向きな上司にあたる可能性があるということは、大学職員に転職する際のデメリットになると感じています。

大学職員に転職後は怒ってくれる人が少ない

民間企業で働いていた頃は、仕事上でミスをしてしまうと、怒られるという場面がいくつもありました。

その当時は、かなり落ち込んだり、上司に対して陰で文句を言ったりしていました。

しかし、そのように怒ってくれたり、叱ってくれたりしたことで、自分自身をかなり成長させることができたなと今では思っています。

大学職員に転職後は、あまり怒ってくれたり、叱ってくれる人はかなりいないという印象です。

これは組織にとってはあまりよくないことだと思いますが、恐らく、怒ったり、叱ったりするパワーがないのだと思います。

一見、これはよいように思えますが、自分自身が一生懸命頑張っているのに、仕事をしていない人に怒ったり、叱ったりしてくれないという環境はそれはそれでストレスになったりもします。

怒ったり、叱ったりされるのは嫌だという人もいると思いますが、そのような環境にないことは、大学職員のデメリットの1つだと感じています。

(目次に戻る)大学職員コラムまとめ~現役大学職員が伝える大学の現状~

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

  2. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくこくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

  2. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク