<面接官の視点と回答の方向性>
趣味がないという方も多いと思いますが、ないよりはあったほうがよい印象を与えることができます。

スポンサードリンク


例えば、「草野球」が趣味だった場合、面接官の趣味も同様に草野球だった場合は、なぜかそれだけで好印象を与えることができたりします。

本来は選考とは異なる部分ですが、面接官も人間ですので、やむを得ないのかもしれません。

また、無理にこの質問で自分自身をアピールする必要もないかもしれませんが、「映画」や「読書」などというありきたりな趣味よりは、少し驚くような珍しい趣味のほうが面接官には印象が残りやすいです。

これは、個人的な印象になりますが、趣味があると、仕事以外での交友関係も広がり、発想力も豊かになるのではないかと思っています。

スポンサードリンク


<回答例①>
趣味は「グランドホッケー」です。アイスホッケーのグランド版になりますが1カ月に2回程度ですがグループで活動をしています。

<回答例②>
趣味は「これです」と強く言えるものはありませんが、時間があるときは、ジョギングをしたり、DVDを見たり、喫茶店に行って本を読んだりすることが多いです。

<回答例③>
趣味は「音楽」です。大学ではオーケストラサークルに所属しており、社会人にあってからも何らかの活動を続けたいと思っています。

【考えられる追加質問】
・グランドホッケーのグループではどのような役割を担っていますか。
・ジョギングはどれくらいの距離を走りますか。
・社会人になっても趣味を続けますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト