<面接官の視点と回答の方向性>
大学職員に直接的に関係する資格はあまりありませんが、例えば、語学に関する資格やWordやExcel、PowerPointなどのパソコンでの文書作成に関係する資格は大学で働くにあたって一定程度役に立つ資格となります。

スポンサードリンク


面接を受ける時点では資格を取得していなくても、大学職員に採用されることに向けて、「勉強を始めている」という説明でもよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例①>
資格としてはTOEICで750点を取得しています。

大学では留学生の対応など英語を活用する場面があると思うので、まだまだ能力的には足りないと思うので、英語の勉強は継続して行っていきたいと思っています。

【考えられる追加質問】
・英語の勉強はどのようにやりましたか(独学でやりましたか。語学学校に通いましたか。)
・どのようにして英語の勉強を続けていくつもりですか。

<回答例②>
今の時点では取得している資格はありませんが、在学している職員の方にお聞きしたところ、ワードやエクセルの知識があったほうがよいとお聞きしたので、現在、MOSの資格の取得に向けて勉強をしています。

【考えられる追加質問】
・MOSとはどのような資格ですか。
・いつくらいから勉強を始めて、いつ頃に資格を取得する目標ですか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト