<面接官の視点や回答の方向性>
どの大学でも課題となっている広報活動についての質問となります。

スポンサードリンク


大学の広報については、自分が高校生だったときの進路決定の際にどのような点を重視していたのか、また、最近の高校生にアピールするためにはどのような媒体が必要なのかといったことについて、自分の経験を踏まえながら説明できるとよいと思います。

また、提案力も試されるところでもあるので、発想力があるところもアピールできるとよりよい印象を与えることができると思います。

スポンサードリンク


<回答例>
リクルートが実施している「進学に関する意識調査」を確認したことがあるのですが、高校生が進路決定の際に重視している項目としては、「就職に有利であること」、「資格取得に有利であること」、「校風や雰囲気がよいこと」などが上位にきていました。

これは、私が進路を決めたときとほとんど重なっていると感じました。

このため、これらの高校生が重要視している項目に関する取組を積極的にアピールする必要があると思います。

例えば、貴学では、「大学の雰囲気がよいこと」が魅力だと思うので、在学生がインスタグラムなどのSNSを活用して、在学生による広報活動を積極的に行うことで、貴学の魅力が高校生により伝わるのではないかと思いました。

【考えられる追加質問】
・SNSの活用以外に在学生ができる広報活動はありますか。
・本学では「就職支援」にも力を入れていますが、どのようなことをアピールすれば高校生が魅力を感じると思いますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト