<面接官の視点と回答の方向性>
上記にも記載しましたが、近年の大学職員は体調を崩してしまって休職に入ってしまう職員もそれなりにいるため、自分なりのストレス解消法をもっていると安心する部分があります。

スポンサードリンク


この質問は趣味と少し重なってしまう部分もありますが、割と聞かれる質問なので、「ストレス解消法」としての回答も準備しておく必要があります。

もし、先に趣味についての質問がされてしまった場合は、「先ほどの趣味のところでお話した〇〇もストレス解消法の1つですが、その他には・・・」という形で、趣味とは別のものをもう1つ用意しておくと、面接がスムーズにいくと思います。

面接官としては、その人自身が悩みを溜め込まないタイプなのか、もっと言うと、休職や退職に結びつくような人材ではないかについて見ることになります。

スポンサードリンク


ときどき、それで本当にストレス解消ができるのかというような回答をする方もいるので、面接官が納得するような回答をして、自分自身がしっかりと自分のことをコントロールできるということを伝えるようにしましょう。

また、「お酒を飲むこと」や「ギャンブル」など、何となくマイナスの影響を与えるような回答は、面接の場では避けたほうがよいです。

回答によっては、例えば、何かのグループに所属していて、グループでの活動がストレス解消法だったりすると、「交友関係が広い」とか、「コミュニケーション能力が高い」というような印象を与えることができます。

その他に自分自身がリーダー的な役割を担っているのであれば、「主体性がある」との印象を与えることがあります。

<回答例①>
私のストレス解消法は旅行です。旅行は高校時代の友人と行くことが多いのですが、旅行先での活動だけでなく、旅行の計画を立てることや旅行の移動中もすごく楽しむことができて、旅行の後は心をスッキリさせることができます。

<回答例②>
私のストレス解消法はカラオケです。昔から歌が好きで、大学時代はオーケストラのサークルに入っていたのですが、カラオケで自分の好きな歌を歌うことでストレスを解消することができます。

<回答例③>
私のストレス解消法はおいしいものを食べることです。大学時代には仲のよい友人とお互いに食べたいものを探してグルメツアーのようなことをやっていました。

友人とは社会人になったらはもっとおいしいものを食べようと約束をしているので今から楽しみです。

【考えられる追加質問】
・旅行に行く際は企画をするタイプですか。
・カラオケではどのようなジャンルを歌うことが多いですか。
・最近行ったグルメツアーはどのようなものですか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  4. みんなの得意を売り買い「ココナラ」

     大学職員に特化したエントリーシート添削や面接指導サービスなどが出品されています。私も「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスします」を出品しています。興味がある方は『公式サイト「ココナラ」』をご覧ください。

  5. 就活力診断(キャリアパーク)

     無料で「就活力」・「就活偏差値」を調べることができるサイトです。まずは自分の実力を知るために活用してみるとよいと思います。診断は『公式サイト「就活力診断」』

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数の転職サイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきており、非公開求人にも定評があります。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク