大学職員の雇用形態の現状

どの大学でもそうだと思いますが、現在の大学の職場では実に色々な立場の人が働いており、いわゆる正社員の大学職員だけでなく、期間契約職員、人材派遣社員、パート、アルバイトなど、様々な立場の人が働いています。

スポンサードリンク


ときどき、「とりあえず人材派遣社員になって経験を積んでから大学職員になることはできますか」と聞かれることがあります。

結論としては、「多くはないが人材派遣社員から大学職員になる人もいる」ということになると思います。

もちろん、大学によっても異なると思いますが、私が知っている限りでも、もともと人材派遣社員として大学で働かれていた方が、大学職員(大学の正職員)になったとケースは何人も知っています。

スポンサードリンク

人材派遣から大学職員に採用されるパターン

人材派遣から大学職員に採用されるパターンとしては、人材派遣社員で数年の経験を積んで、大学職員(大学の正職員)になられる方もいますが、人によっては、人材派遣社員⇒任期付き契約社員⇒大学職員(大学の正職員)と段階を踏んで大学職員(大学の正職員)になられる方もいます。

また、①A大学で3年人材派遣社員⇒②B大学で3年人材派遣社員⇒C大学で大学職員(大学の正職員)という人もいます。

採用されるまでのルートとしては、一般の採用試験に混ざる形で採用試験を受験して合格する方もいれば、ケースとしては少ないかもしれませんが、大学によっては内部の方のみを限定とした採用試験があり、それを受験して合格する方もいます。
(採用試験なしで大学職員(大学の正職員)になれるかは未確認です。)

ではなぜ、人材派遣社員の方が一般の採用試験を受験して、大学職員(大学の正職員)に合格する方がおられるかというと、もちろんの大学での経験が考慮されているということもありますが、恐らく面接の場面で、大学業界の実態を踏まえた回答をすることができるので、面接までいければ他の受験者よりも有利になるからなのかなと思います。
(小論文試験がある場合も大学の実態を知っているので有利になると思います。)

個人的には、現在、正社員として働きながら大学職員への転職を目指している方は、あえて、人材派遣社員を経験する必要はないと思います。
(働きながら大学職員(大学の正職員)を目指すのがいいと思います。)

ただ、どうしてもすぐに今の会社を辞めたいという人や、現時点で働いていない方で大学職員への転職・就職を目指している方、履歴書の経歴に空白が多い方などは、大学職員(大学の正社員)として合格するためには一定の時間がかかってしまうので、とりあえず人材派遣社員として大学の経験を積むのはアリだと思います。

大学職員を目指す人のための人材派遣会社ランキング

私自身は人材派遣会社で働いたことはないのですが、私の大学で勤務している人材派遣社員の方のお話などを参考にし、大学職員の求人のある派遣会社をランキング化してみました。

ランキングは、大学の求人の多さだけでなく、福利厚生を含めた人材派遣社員さんへのサービス(スキルアップや福利厚生)も考慮して考えてみました。

私の個人的な見解としては、規模の大きい大学で働くほうがよいと思っています。

それは、規模の大きい大学のほうが職員数が多く、職員数が多ければ採用数も多くなり、その大学に採用される可能性が高くなるからです。

また、規模の大きい大学での経験のほうが、学生支援が充実していたり、多くの大学の改革を進めたりしているので、大学業界の知識が増えます。

そうすると、最終的に他の大学に転職するときもきっとそれまでの経験が役に立つと思うからです。

そういった意味では、自分の未来にとって有利な大学で働けるように、ランキングにとらわれずに多くの派遣会社に登録しておいたほうがよいと思います。

第1位:リクルートスタッフィング

  • 私の大学でもリクルートスタッフィングの方がたくさんいます。
  • 比較的新しい人材派遣会社ですが、大学業界にも入りこんできています。
  • やはりリクルートグループというのが強いのでしょうか。
  • 登録は公式サイト「リクルートスタッフィング」からできます。


    第2位:テンプスタッフ

  • 大手ということもあり、有給休暇や健康診断など福利厚生が充実しています。
  • 社会保険はもちろんですが、育児休業制度もあります。
  • また、キャリアアップのための講座も多く、無料で受けられるのもあります。
  • 登録は公式サイト「テンプスタッフ」からできます。


    第3位:アデコ

  • メンタル面やキャリアプランのサポート制度があります。
  • 月刊「派遣ビジネス」の派遣スタッフ満足度調査で第1位になったこともあります。
  • 国内外の宿泊施設やスポーツクラブなどの提携施設も利用できるようです。
  • 登録は公式サイト「アデコ人材派遣」からできます。


    第4位:パソナ人材派遣

  • マンツーマンのキャリアカウンセリングをやってもらえます。
  • 3,000を超える講座でスキルアップができます。
  • もちろんパソナグループだけあって福利厚生も充実しています。
  • 登録は公式サイト「パソナ人材派遣]からできます。


    第5位:オー人事net

  • 全47都道府県に事務所があって利用しやすいです。
  • キャリアカウンセリングでは履歴書や職務経歴書の指導などもしてくれます。
  • 無料でできるE-ラーニング講座もあります。
  • 登録は公式サイト「スタッフサービス オー人事ネット」

    大学職員になるための対策については、「現役大学職員面接官が伝える大学職員採用試験への対策」という記事で紹介しています。


    大学職員の給料や面接での質問、職場の雰囲気などの生の口コミ情報が無料で見ることができるサイトとして、「キャリコネ」というサイトがあります。本気で大学職員を目指したいなら、こちらのサイトで情報収集しておくことも大切になります。

    大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
    1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

       各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    2. グッドポイント診断

       「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    3. 転職力診断診断テスト

       テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    大学職員転職サイトランキング
    1. リクナビネクスト

       転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

    2. マイナビ転職

       同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

    大学職員転職エージェントランキング
    1. doda

       転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

    2. マイナビエージェント

       大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

    3. type転職エージェント

       大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

    4. リクルートエージェント

       転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

    5. ランスタッド

       あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

    6. パソナキャリア

       大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。

    大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
    1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

       各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    2. グッドポイント診断

       「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    3. 転職力診断診断テスト

       テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    大学職員転職サイトランキング
    1. マイナビ転職

       同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくこくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

    2. リクナビネクスト

       転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

    大学職員転職エージェントランキング
    1. doda

       転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

    2. マイナビエージェント

       大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

    3. type転職エージェント

       大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

    4. リクルートエージェント

       転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

    5. ランスタッド

       あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

    6. パソナキャリア

       大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


    スポンサーリンク