<面接官の視点や回答の方向性>
最近の大学では、新しい取組を行っていくことが求められていることから、職員にも提案力が求められてきています。

スポンサードリンク


その際に、すべての提案が通ることはあまりなく、内容によっては提案を却下されることがあります。

また、上司によっては、新しい取組を行うこと自体に懸念を示す職員もいて、そのような場合にどのような対応していくべきかについても課題になっていきます。

回答にあたっては、「なんでもかんでも自分の考えを通す」とか「説得するまで説明をする」などという強硬スタンスではなく、「可能な限り努力をする」ということや、提案内容によっては別のアプローチも考えられるということを伝えればよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
その判断が自分自身で納得できない場合は、改めて資料を作り直して提案し直したいと思います。

ただし、それでも判断が変わらない場合は、自分の提案力不足でもあると思うので、基本的には上司の指示に従うことになると思います。

明らかに上司の判断が間違っていると感じる場合は、状況によっては、先輩職員などにも相談をして、別のアプローチから説得してもらうことも考えられると思います。

【考えられる追加質問】
・性格的に「頑固」なタイプだと思いますか。

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ アマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、皆さんからいただいた大学職員への就職・転職に関するご相談に対する回答や、各大学の採用試験において実際に出された面接での質問例、分野別の各大学の特色ある取組のまとめなどを掲載し、大学職員の採用試験対策ができるようにしています。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト