<面接官の視点と回答の方向性>
現在の大学では、「教育の質を高めていくこと」が求められており、大学職員も教育へのサポートに積極的に携わっていく必要があります。

スポンサードリンク


この質問では、大学職員の仕事を理解しているかが問われるとともに、回答を通じて発想力があるかなども見ています。

私も面接官として面接を実施していると、「そんな発想もあるのか」と思うことがときどきあるので、そのような印象を与えると面接官によい印象を与えることができます。

スポンサードリンク


<回答例>
教育については、職員が直接的に関わることは難しいと思いますが、学生が学びやすい学習環境を整えることなどは積極的に関われる部分だと思います。

現在は、ラーニング・コモンズの活用など、職員が主体となって学びやすい場を作っていくようなこともあるので、このような学習環境の整備という面では職員の役割は大きいと思います。

また、他大学で実施している教育の質を高めるための取組例を調べ、大学にとって実現可能で、メリットのある取組を企画・提案することなどで、大学の教育に関わっていくことができると考えています。

◆用語確認
「ラーニング・コモンズ」とは
複数の学生が集まって、電子情報も印刷物も含めた様々な情報資源から得られる情報を用いて議論を進めていく学習スタイルを可能にする「場」を提供するもの。

その際、コンピュータ設備や印刷物を提供するだけでなく、それらを使った学生の自学自習を支援する図書館職員によるサービスも提供する。(文部科学省ウェブサイトより)

(参考:ラーニング・コモンズが有名な大学)
・千葉大学
・同志社大学

【考えられる追加質問】
・あなたが特に積極的に行っていきたい教育の取組はありますか。
・本学の教育に関することで印象的な取組はありますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト