<面接官の視点や回答の方向性>
大学では、職員をいかに育成するかが重要になってきています。

スポンサードリンク


職員を育成するためには、組織としての研修も非常に大事ですが、実際には日常の業務を通じての育成(OJT)が非常に大事だと感じています。

大学では、これまでは育成の視点がそこまで強くなかったため、他業界のノウハウを取り入れたいと考えています。

回答にあっては、部下・後輩の育成の経験があることを伝えつつ、部下・後輩の育成にやりがいがあるということが伝えらえるとよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
現在の会社では、新入社員に指導担当が就くこととなっており、これまでに5~6人の指導を担当したことあります。

特に指導が難しかったのは、「指導したことをすぐに忘れてしまう社員」です。

指導をしたときはすぐに対応できるのですが、時間が少し経つとそれを忘れてしまうような社員がいました。

その当時は本当に苦労をして、私自身も悩みましたが、指導をする際には、なぜそのような対応をしなければならないか、そうしないとどのような影響があるのかなどを丁寧に伝えることを繰り返すことを実践しました。

それによって、その社員も今では会社の戦力となっており、新人社員を育成することは私自身のやりがいにもなってきています。

【考えられる追加質問】
・部下や後輩を育成するうえで特に意識していることはありますか。
・あなたが新人社員のときに受けた指導で印象に残っていることはありますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト