<面接官の視点や回答の方向性>
大学をよくしていくためには先生方と一体となって取り組んでいく必要があります。

スポンサードリンク


そのためには、先生方と職員の双方がお互いを信頼し合い、協力して大学運営を行っていくという意識を持つ必要があります。

しかし、実際には、先生方の一部には、職員を最初から見下していて、職員が大学の経営に口を出すことを認めない先生もいたり、逆に、職員側もそのような状況のほうが楽であるため、大学の経営は教員が考えるべきであるから一切考えないというスタンスの職員もいたりします。

最近は、そのような風潮も減ってはきましたが、一部でのこのような状況が残っているも現実だと思います。

一方で、採用試験で面接官を担う職員などは、大学の中でもそれなりに地位にある職員が多く、大学経営に対して危機感をもっている職員のほうが多いと考えられます。

このため、面接での回答では、先生方と職員が一体となって大学経営を行っていくべきであるという前提に立ちつつ、先生方から信頼を得るための方策について回答するとよいと思います。

スポンサードリンク


<回答例>
先生方から信頼を得ることは、短期的には難しいことだと思うので、日々の業務の積み重ねの中で、いかに信頼を得るかが重要だと思います。

そのためには、通常の業務を滞りなく進めることは当然ですが、先生が困っていることがあればすぐに対応したり、先生方の研究内容に興味を持って調べたり、業務上以外にもコミュニケーションをとっていく必要があると思います。

また、職員としては、大学業界の動向をしっかりと理解しておくことで、先生方と対等に話ができるようになると思いますので、日々の自己研鑽も必要になってくると思います。

【考えられる追加質問】
・大学業界の動向を勉強するにはどのような方法があると思いますか。
・大学の経営は教員がやるべきだと思いますか。それとも職員がやるべきだと思いますか。

⇒(目次)大学職員でよく出される質問一覧に戻る

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト