部署名としては、国際交流センター、国際センター、国際課、留学支援課などが多いようです。国際(グローバル)関係の仕事は次のようなものがあります。

スポンサードリンク

外国人留学生・研究者の受け入れ外国人留学生・研究者の生活サポート

外国人留学生や研究者は日本に来日後の一定期間は、かなり丁寧なサポートが必要になります。

自分が海外で生活することを想像していただければわかると思いますが、学業や仕事だけでなく、生活も不安なことばかりで大変です。

外国人留学生や研究者をサポートする部署では、ゴミ捨てから、銀行口座の開設方法、役所での手続きなど、様々な生活上の支援が求められますので、必要に応じて対応することになります。

外国人留学生ための日本語講座やイベントの企画・運営

日本語の話せない外国人留学生がいる場合は、日本語を理解するための講座を開いたりします。

また、せっかく日本に来ていただいたので、日本の文化を理解していただくためのイベントを開催することも多いです。

例えば、お寺を訪問したり、富士山に登ってみたり、温泉に行ってみたり、餅つきをしてみたり、美術館に行ってみたりと、大学ごとに様々なイベントを企画しています。

このような講座やイベントの運営は、準備から当日の運営までかなり気を遣う仕事になりますが、非常にやりがいのある仕事でもあります。

留学生寮の管理・運営

外国人留学生を多く受け入れる大学では、大学独自の留学生寮をもっており、寮の管理・運営を行います。

大学によっては、外部の業者に委託しているケースもありますが、それでも、委託する業者の選定や、問題なく運営しているかのチェックなどは職員の仕事となります。

海外の大学等と国際交流協定などの締結

国際化(グローバル化)を進める大学では、海外の大学等と国際交流協定を締結し、海外の大学との研究交流や日本人学生と外国人留学生の交換留学を行ったりします。

協定を締結する際には、協定書(契約書のようなもの)を作るのですが、例えば、大学の施設はどこまで利用できるのか、交換留学は何名まで行うのか、交換留学の希望者が片方の大学しかいなかった場合はどうするのかなどを大学ごとに決める必要があります。

最近は、世界大学ランキングというものがあり、ある程度ランキングが上位にないと、交渉が進めにくいという状況もありますので、担当する職員は語学力だけでなく、交渉力も求められることになります。

日本人学生のための語学力向上に関する講座の企画・運営

国際化(グローバル化)のもう1つの柱として、日本人学生の海外への留学を増やすことがあります。

留学をするためには、一定の語学力が必要になるため、各大学では日本人学生の語学力を高めるための講座を実施しています。

日本では、4年生のときに就職活動をガッツリ行う必要があるので、留学には2年生の後期~3年生に行くケースが多いです。

その場合、かなり早い段階から語学力の向上をしておく必要があるので、早い段階で留学を意識させるということも大学職員の仕事になります。

日本人学生の留学のサポート

日本人学生の海外への留学が増えない原因としては、語学力が基準を満たさないということもありますが、留学にはお金がかかるということもあります。

交換留学の場合は、日本の大学に学費を払っていれば、海外の大学への学費は払う必要がないケースが多いのですが、住居費や生活費はどうしてもかかってしまいます。

そのため、各大学では留学をする日本人学生のための経済支援制度を設けており、経済支援を行う学生の選定や支払い手続きなどを行います。

また、最近では日本人学生が留学した際の危機管理も課題になっています。

海外で事件や事故に巻き込まれるケースもあるので、何かあったときに迅速に対応できる体制を整えることも大学職員の仕事です。

キャンパスの国際化(グローバル化)

外国人留学生や研究者を受け入れるためには、キャンパスを国際化(グローバル化)する必要があります。

キャンパスの国際化(グローバル化)とは、大学にある施設の表示を多言語化したり、各種書類を多言語化したりするものです。

また、留学生によっては、宗教的な特色もあるので、ハラル食の提供を行ったり、お祈りスペースを確保したりする必要があります。

このようなキャンパスの国際化(グローバル化)ができていないと、外国人留学生や研究者を増やすことができず、国際化(グローバル化)を進めることが難しくなってくるので、多くの大学で様々な取組を進めていたりします。

  • 大学職員の仕事内容「①学生支援の仕事」
  • 大学職員の仕事「②教務の仕事内容」の紹介です。
  • 大学職員の仕事内容「③就職支援の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事内容「④産学連携・研究支援の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑥広報・入試の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑦人事・総務の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑧企画・財務・会計の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑨情報システムの仕事」の紹介です。
  • 大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
    1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

       各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    2. グッドポイント診断

       「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    3. 転職力診断診断テスト

       テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    大学職員転職サイトランキング
    1. リクナビネクスト

       転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

    2. マイナビ転職

       同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

    大学職員転職エージェントランキング
    1. doda

       転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

    2. マイナビエージェント

       大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

    3. type転職エージェント

       大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

    4. リクルートエージェント

       転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

    5. ランスタッド

       あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

    6. パソナキャリア

       大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。

    大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
    1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

       各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    2. グッドポイント診断

       「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    3. 転職力診断診断テスト

       テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    大学職員転職サイトランキング
    1. マイナビ転職

       同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくこくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

    2. リクナビネクスト

       転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

    大学職員転職エージェントランキング
    1. doda

       転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

    2. マイナビエージェント

       大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

    3. type転職エージェント

       大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

    4. リクルートエージェント

       転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

    5. ランスタッド

       あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

    6. パソナキャリア

       大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


    スポンサーリンク