<⑨情報システムの仕事>
部署例:情報システム課、情報メディアセンター等
情報システムの主な仕事は以下のとおりです。
 ☆ 大学のネットワーク環境の維持・管理をします。
 ☆ 教員や職員が使用するメディア機器(パソコン、プリンター等)の管理などを行います。
 ☆ 学生へのメディア機器(ノートパソコン等)の貸し出しを行います。
 ☆ メディア教育(E-Learning、授業のビデオ録画)の企画・運営を行います。
 ☆ 職員証や学生証の発行を行います。
 ☆ 情報リテラシー教育の企画・運営を行います。
という感じで、システム全般に関する仕事を行います。


ここ十数年で大学でのIT化はかなり進みましたが、
それに伴い、システムに関する費用もかなり大きくなっています。
この費用をいかに押さえていくかというのが1つの課題となっています。
また、近年、メディア教育の推進が叫ばれています。
これは、学生に対して勉強のしやすい環境を提供することの一環ですが、
非常に大事なことである反面、非常にお金がかかります。
便利な機能はたくさんありますが、何が自分の大学で必要で、
何が必要でないかを判断していく必要があります。
情報システムに関する仕事は、単にITの知識があればよいと思われがちですが、
コミュニケーション力がとても重要になります。
特に、新しい取組(メディア教育等)を行っていく場合は、
色々な人を説得する力が必要になるので、情報システム関係の仕事を希望する人は、
ITの知識よりもコミュニケーション力をアピールするとよいかと思います。

↓みんなの転職活動状況を見て元気出そう↓
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へにほんブログ村 転職キャリアブログへ


スポンサーリンク