部署例名としては、キャリアセンター、就職課、就職支援課などの名称が多いようです。
就職支援の主な仕事内容は以下のとおりです。

学生向けイベントの開催

学生向けに筆記試験対策や面接対策などのイベントの企画を行います。

就職支援のイベントは大学内でもかなり重要になってきており、どの大学でもイベント数がかなり増えているので、いつ、どんなイベントを行うかについて体系的に考える必要があります。

イベントを行うにあたっては、講師の手配をしたり、イベントによってはすでに内定をとった4年生に協力してもらうこともあります。

講師を呼ぶ場合は、人気の講師はなかなか予約ができなかったり、予算の制限があったりと、色々と調整が難しいこともあり、可能な範囲でイベントを企画し、先生や上司を説得していく必要があります。

また、せっかくイベントを企画しても学生が来なければ意味がないので、大学職員の仕事としては、各イベントの広報も重要な仕事の1つなっています。

最近は、売り手市場になってきている関係で、就職率自体はよくなってきています。

一方で、学生が本当に入りたい企業に合格しているかというと、それは実際にはわからないところなので、今後は就職の質に着目した支援が重要になってくると考えられます。

学生にとっては、ある意味では就職するために大学に来ていると考えている学生もいるので、就職支援の仕事は大学にとっても学生にとっても非常に重要な仕事になります。

就職先の開拓

企業訪問を行い、大学のアピールし、就職先の開拓を行います。

大学を売り込むのも大学職員の仕事内容の1つで、自分の大学の学生の特色を説明し、アピールをします。

場合によっては、大学の就職イベント(企業説明会など)に参加してもらうようお願いする場合もあります。

単に大学の宣伝をするだけであく、会社側の事情も配慮するなどして、会社側と信頼関係を築くことが大切です。

スポンサードリンク

インターンシップ先の開拓

企業の開拓とも重なりますが、インターンシップ先の開拓も必要になります。

インターンシップは、学生が大学生活の中で多様な学びを経験するという意味でも、就職のミスマッチをなくすという意味でも非常に大事な取組となります。

学生にとっては、インターンシップを経験することで学生自身が成長することができますし、就職活動の際もアピールの材料にもなります。

ただし、インターンシップは企業側の負担が大きく、なかなか受け入れ先がないという問題もあります。

大学としては、企業側に丁寧な説明を行い、インターンシップにいく学生に対しては、しっかりと事前指導を行って、少しでもインターンシップ先の確保に努めていく必要があります。

求人の紹介

企業からきた求人票を整理して、学生が見やすいように掲示などをします。

最近ではウェブ上で求人を見ることが主流ですが、今でも求人票はたくさん送られてきますので、しっかりと学生に伝わるように工夫する必要があります。

情報が得やすくなった一方で、大事な情報が埋もれてしまう危険性もあるので、そのあたりをサポートするのは大学職員の仕事だと思っています。

スポンサードリンク

学生の進路(進学・就職・未定など)の把握

学生の進路を把握することも大学職員の仕事内容の1つです。

学生に対しては、進路が決まったら報告するように学生には伝えているのですが、すべての学生の進路先情報を得るのはかなり大変です。

ただ、進路については文科省の調査などでも答える必要があるので、最終的にはすべての学生に電話などを行い、進路の把握を行います。

かなり地味な作業ですが、情報を把握していないと管理ができていない大学とみられてしまうので、根気よく対応していく必要があります。

就職相談

相談に来た学生に対して、就職指導(就職の相談に乗り、必要な指導を行う)を行います。

就職活動で不安になる学生はたくさんいるので、就職活動中は就職するためのアドバイスだけでなく、心のサポートも大事になります。

最近は、大学によっては、専門のキャリアカウンセラーが対応するところも多いですが、その前の段階でサポートできることも多いと思います。

就職が決まったときの学生の喜びはこちらのうれしいので、なんとか支えてあげたいものです。

以上が就職支援の仕事内容です。

採用面接の場では、大学職員を目指した志望動機で、「自分の社会人経験を活かして、学生の就職相談をしたい」という人がいますが、そもそも一般の職員は就職相談をやらないという大学もあります。

なかなか事前にそのあたりを確認することは難しいかもしれませんが、そのような大学であった場合は、イベントの企画・運営にシフトする必要がでてきます。

また、近年、注目されているインターンシップについては、大学職員の役割としては結構大変な仕事だと思っています。

まず、よくあるのが企業からのクレームです。

これは、大学側で用意しているインターンシップについては、まずは、学生に対しては、インターンシップに行きたい企業を申し込んでもらいますが、だいたい人気企業に偏ってしまうので、抽選や成績で決めることになります。

すると、第一希望に決まらなった学生は、第2希望、第3希望、第4希望、第5希望と、あまり希望をしていない企業にインターンシップに行くことになったりします。

第5希望とかになってしまうと、そもそも学生が行きたい企業なかったりするので、インターンシップ先からは「学生がやる気がない」などというクレームがきたり、ひどい場合は、「学生が出勤してこない」などというようなこともあります。

このような場合は、当たり前ですが、すぐに謝罪に伺うことになります。

大学としてはできるだけ多くのインターンシップ先を確保しておきたいので、謝罪をしつつも、来年もよろしくという感じで何とか企業側に、次回も受け入れてもらえるよう説得したりしています。

インターンシップを受け入れる企業側の視点で考えると、一応、学生に対して企業のPRになったり、社会貢献をしている企業というイメージを作れるというメリットもあるんですが、このメリットも企業にとってはそんなに大きくはなので、だいたいは企業側の善意でインターンシップが成り立っているというのが現状だったりします。

学生としては、就職活動の面接の際のアピールでインターンシップをやっときたいけど、行きたい企業がない(行きたい企業は人気がありすぎて受け入れてもらえない)。

そこで、しかたなく大学側が確保できた企業にインターンシップすると、あまりおもしろくなくて、うまくいかないというケースがあり、なんとも難しい状況があります。


スポンサーリンク