部署名としては、情報システム課、情報学習課、システム管理課、情報企画課、情報メディアセンターなどという名称が付けられていることが多いようです。情報システム部門の主な仕事は次のとおりです。

スポンサードリンク

大学の情報ネットワーク・システム環境の維持・管理

大学全体の情報ネットワーク・システム環境の維持・管理となります。

教員、職員、学生など、様々な構成員がメールをはじめとするシステム等を利用するため、それぞれが利用しやすいように維持・管理を行います。

大学の構成員以外にも、他大学の教員や講師が来た際に、ゲストとしてネットワークを利用したりするので、それへの対応をしたりもします。

また、各研究室や事務室、大学の施設内の情報機器(パソコン・プリンター・サーバ・wifi等)等の設置・管理なども行います。

その他に、これらの様々な情報機器の契約手続きなども行ったりします。

情報系の部署では、システム系の専門職が担当する場合もありますが、一般の事務職員も配属される可能性もあるので、それぞれの役割に応じた仕事を進めることになります。

スポンサードリンク

システムに関する申請手続き対応

メールアドレスの追加発行、ウェブサイトの新規開設対応、共有サーバの構築、VPNの設定など、システムに関する様々な手続きへの対応を行う必要があります。

システム系に不慣れな教職員、学生も多いため、丁寧に対応することが求められます。

システムに関する問い合わせ・トラブル対応

大学での業務を進めていると、システムに関する利用方法がわからない場合があったり、様々なトラブルが起きたりします。

そのようなときは、情報システム系の部署に問い合わせがくるので、質問に応じて対応していく必要があります。

システムをうまく扱えていない人は、なぜか怒っているケースもあったりするとのことで、そのような人への対応はなかなか大変だったりもします。

学生への情報機器(ノートパソコン等)の貸し出し

学生に対しては、ノートパソコンやタブレットなどの情報機器の貸し出しも行っています。

そんなに難しいことはないのですが、ルールどおりに管理をしていく必要があります。

情報リテラシー教育の企画・運営

新入生に対しては情報リテラシーの教育を行ったりします。

大学では高等学校と異なり、メールでの連絡を行ったり、LMS(ラーニング・マネジメント・システム)を使った授業を行ったりするので、これらの利用方法を教えるための教育プログラムを考えたりします。

また、大学生は、SNSへの不適切な書き込みを行ったりと、情報リテラシーが低い場合があるので、そのような観点からの教育も行っていきます。

メディア教育(E-Learning、授業のビデオ録画)の企画・運営

最近の大学では、反転授業が求められるようになってきており、大学によってはすでに対応をし始めています。

反転授業とは、授業と宿題の役割を「反転」させ、授業時間外にメディア教材等により知識習得を済ませ、教室では知識確認や問題解決学習を行う授業形態のことを指します。

つまり、事前に授業動画を撮影し、それを学生が事前に勉強をして、自宅で勉強したことを前提に、大学では、ディスカッションなどを中心としたアクティブ・ラーニングを行ったりするものです。

このような授業形態がとれるように、システム部門の職員は、システム環境を整えるなどの対応を行う必要があります。

情報セキュリティに関する研修の企画・運営

大学に関するニュースを見ていると、個人情報の漏洩や大学のシステムが不正にハッキングされるなどのニュースをよく見ます。

このようなこともあり、各大学では、情報セキュリティに関する研修を行っていたりします。

通常の講義形式の研修から、ダミーの不正メールを送信し、騙されてクリックを行わないか確認するという研修もあったりします。

なかなか情報セキュリティの重要性を教職員全員に伝えることは難しいのですが、事故防止のための取組を進めていくのも、情報システム部門の職員の仕事になっています。

その他

ここ十数年で大学でのIT化はかなり進みましたが、それに伴い、システムに関する費用もかなり大きくなっています。

この費用をいかに押さえていくかというのが1つの課題となっています。

また、近年、メディア教育の推進が叫ばれています。

これは、学生に対して勉強のしやすい環境を提供することの一環ですが、非常に大事なことである反面、非常にお金がかかります。

便利な機能はたくさんありますが、何が自分の大学で必要となり、何が必要でないかを判断していく必要があります。

情報システムに関する仕事は、単にITの知識があればよいと思われがちですが、コミュニケーション力がとても重要になります。

特に、新しい取組(メディア教育等)を行っていく場合は、色々な人を説得する力が必要になるので、情報システム関係の仕事を希望する人は、ITの知識だけでなく、コミュニケーション力をアピールするとよいかと思います。

  • 大学職員の仕事内容「①学生支援の仕事」
  • 大学職員の仕事「②教務の仕事内容」の紹介です。
  • 大学職員の仕事内容「③就職支援の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事内容「④産学連携・研究支援の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑤留学支援の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑥広報・入試の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑦人事・総務の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑧企画・財務・会計の仕事」の紹介です。
  • 大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
    1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

       各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    2. グッドポイント診断

       「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    3. 転職力診断診断テスト

       テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    4. みんなの得意を売り買い「ココナラ」

       大学職員に特化したエントリーシート添削や面接指導サービスなどが出品されています。私も「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスします」を出品しています。興味がある方は『公式サイト「ココナラ」』をご覧ください。

    5. 就活力診断(キャリアパーク)

       無料で「就活力」・「就活偏差値」を調べることができるサイトです。まずは自分の実力を知るために活用してみるとよいと思います。診断は『公式サイト「就活力診断」』

    大学職員転職エージェントランキング
    1. doda

       大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数の転職サイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきており、非公開求人にも定評があります。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

    2. マイナビエージェント

       大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

    3. type転職エージェント

       大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

    4. リクルートエージェント

       転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

    5. ランスタッド

       あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

    6. パソナキャリア

       大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


    スポンサーリンク