部署名としては、企画課、企画管理課、財務課、会計課、経理課などという名称がついていることが多いようです。企画・財務・会計の主な仕事は次のとおりです。

スポンサードリンク

理事会や経営会議などの会議の運営

各大学では、重要なことを決定するために理事会や経営会議などが設置されています。

理事会や経営会議は、学外委員なども含まれていたりするので、通常の会議よりも気を遣います。

会議の性質上、かなり役職の高い方々が参加するのですが、このような方々は必ずしも現場の状況に精通しているとは限りません。

このため、情報の伝え方を間違ってしまうと、望ましくない方向に物事が進んでしまう場合もあります。

このような会議の担当をするうえでは、戦略性が重要になり、大学が間違った方向に進めないように、会議の進め方を考えていく必要があります。

スポンサードリンク

予算の査定・決定

民間企業も大学も同様ですが、収入を踏まえ、それをどのように活用していくかを決めていきます。

企画・財務系の部署では、予算の査定・決定を行うことが仕事の1つとなっており、予算を増やせばその取組を進めることができますが、予算を削ればこれまでやっていた取組が実施できなくなります。

このため、企画・財務系の部署は、大学運営の中枢を担っていることになります。

時代によって進めるべき取組は異なってきますが、毎年同じようにお金を使ってしまうと、大学改革を進めていくことは難しくなりますので、大学に求められていることを常に把握し、それに対して必要な予算をつけていく必要があります。

資産運用

各大学では、一定程度の資金を資産運用に回しています。

これは、大学経営を行っていくうえでは重要であり、資産運用することで、利子などの収入を得て、それを大学運営に必要な予算に充てるということを行っています。

少し昔になりますが、いくつかの大学で資産運用に失敗したというニュースもあり、そのような大学では、当初予定していた施設が建設できなくなるなどの影響があったと報道されていました。

次に示す新たな収入源の確保も同様ですが、大学では、入試による受験料や、入学金、授業料以外の収入が求められており、その1つ方法として資産運用があります。

大学によっては専門の職員を採用していたりしますが、ここでは、そのような仕事もあるということを理解していただければと思います。

新たな収入源の確保

最近の大学は、教育の質の向上、社会貢献の推進、国際化(グローバル化)など、社会から様々なことが求められています。

これらは、これまでの大学運営にさらに追加で求められていることが多く、この部分は追加の予算が必要になるケースが多いです。

これらに対応するためには、新たな収入を確保していく必要があります。

各大学では、文部科学省などの競争的補助金の獲得に向けて努力をしたり、寄附金の獲得に向けた動きを見せています。

なかなかうまくいっていない大学も多いですが、職員の力の見せ所でもあるので、戦略的に考えつつ、収入を増やしていけるよう努力していく必要があります。

大学改革の推進

上記にも記載しましたが、現在の大学には、様々な改革が求められています。

これらの改革にどのように対応していくかは、企画部門の仕事となります。

大学業界の動向を察知し、先生方と協力をしながら、必要な改革を進めていくための戦略を考えたり、改革を促したりします。

監査への対応

大学では文部科学省や日本学術振興会などから多くの補助金をいただいているため、一定期間ごとに監査に対応する必要があります。

監査を受けるにあたっては、監査で指摘を受けないように、各部署に対して、改めて書類をチェックさせるなどの対応を行う必要があります。

また、大学によっては、大学独自で監査を行い、手続きや処理のミスがないように対応している大学もあります。

監査部署としては、日ごろからミスが起きないように大学内の関係部署に注意喚起を行ったり、実際に監査が行われる際には、事前に準備を行ったり、当日の対応を行ったりする必要があります。

認証評価への対応

認証評価とは、文部科学省の認証を受けた評価機関による評価を、7年以内(専門職大学院は5年以内)ごとに受けることを義務付ける制度です。

大学によって対応する部署は異なっていたりもしますが、企画系の部署が対応する大学もあります。

認証評価は、事前に各大学が報告書を提出し、それを確認したうえで、訪問調査を行うという流れになっています。

大学の活動全体の評価を受けることになるので、様々な部署の協力をいただきながら対応することになります。

訪問調査では、学生や卒業生との意見交換を行う場合もあるので、事前に学生や卒業生に協力依頼を行ったりもします。

教育・研究活動等に必要な物品等の契約手続きと支払い

会計部門では大学活動に必要となる物品の契約や委託会社との契約などを行います。

大学ごとに契約ルールが定められているので、それに従って適正に処理を行うことになりますが、可能な限り安い金額で契約をするということも必要になってきます。

ただし、あまりに安い契約をしてしまうと、品質の悪い物品が納品されたり、委託していた内容を適正に実施しなかったりするので、あまりに安い契約は後々問題になったりもするので難しいところもあります。

大学では相当数の契約を締結しているので、支払い手続きもかなりの量があります。

これらを効率的かつ正確に処理するのも職員の力も見せ所です。

決算書類の作成

会計関係の部署では最終的に決算書類を作成します。

決算書類はかなりの量があるため、役割分担をしながら準備を進めていくことになります。

その他

理事会や経営会議などで、大学の大きな方針を決める場合は、それを決めることにより、教員や職員にも大きな影響が出るため(新しい仕事が増えたりする)、そう簡単に決めることができません。

大きな方針を決めるためには、決めるまでの学内の調整が重要になります。

このような仕事するためには、人を説得する能力(資料作成能力・説明能力・コミュニケーション力、日頃の人間関係)が、非常に重要になりってきます。

また、認証評価への対応については、色々な観点から評価をされることになるので、大学全体に精通している必要があり、様々な教職員に対応の依頼を行う必要があります。

その中で、先生方にお願いする場面もありますが、先生によっては「余計な仕事」と考えている人もいるため、何とか説得して、対応してもらうようお願いするのが結構大変だったりもします。

予算、決算などの仕事は、時期によってはかなり集中して忙しくなるので、体力だけでなく精神力も必要になってきます。

  • 大学職員の仕事内容「①学生支援の仕事」
  • 大学職員の仕事「②教務の仕事内容」の紹介です。
  • 大学職員の仕事内容「③就職支援の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事内容「④産学連携・研究支援の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑤留学支援の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑥広報・入試の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑦人事・総務の仕事」の紹介です。
  • 大学職員の仕事「⑨情報システムの仕事」の紹介です。
  • 大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
    1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

       各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    2. グッドポイント診断

       「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    3. 転職力診断診断テスト

       テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

    4. みんなの得意を売り買い「ココナラ」

       大学職員に特化したエントリーシート添削や面接指導サービスなどが出品されています。私も「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスします」を出品しています。興味がある方は『公式サイト「ココナラ」』をご覧ください。

    5. 就活力診断(キャリアパーク)

       無料で「就活力」・「就活偏差値」を調べることができるサイトです。まずは自分の実力を知るために活用してみるとよいと思います。診断は『公式サイト「就活力診断」』

    大学職員転職エージェントランキング
    1. doda

       大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数の転職サイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきており、非公開求人にも定評があります。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

    2. マイナビエージェント

       大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

    3. type転職エージェント

       大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

    4. リクルートエージェント

       転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

    5. ランスタッド

       あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

    6. パソナキャリア

       大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


    スポンサーリンク