大学職員に採用されるために必要な資格とは

大学職員に採用されるために必要な資格はあるのでしょうか。

よく就職活動をしている方に聞かれたりもするので、自分なりにどんな資格が必要になるのかを考えてみました。

まず、通常の大学職員の事務職を募集する場合、大卒などの学歴を要件とする大学はありますが、特定の資格を求める大学はほとんどないと感じています。

ただし、通常の事務職ではなく、例えば、カウンセラーなどを募集する場合は、「臨床心理士」など、特別な資格を求める場合があります。

また、最近では、「TOEIC●●点以上」など、一定の「英語力」を要件とする大学は少しずつ増えてきました。

このため、一部の大学については、大学職員になるために必要な資格は、「英語力」と言えるでしょう。

大学職員の採用試験では英語力を求められるケースが増えてきている

英語力といっても、その場で英会話をするというよりは、形式的に、必要な点数をクリアしているのかということが多いと思います。

このため、英会話ができないからあきらめるのではなく、受験するための最低限の要件だと考えたほうがよいと思います。

仮に、受験したい大学で英語の要件を求めていたとしたら、要件をクリアするための勉強をすればいいと思います。

例えば、TOEICであれば、英会話がほとんどできない人でも、700点くらいはとれるようなので、英会話ができないからあきらめるのではなく、
TOEICで必要な点数をとるための勉強をすればいいと思います。

TOEICの得点を上げるためには、TOEIC対策のみに集中する必要があります。

TOEICのスコアアップを目的とした「スーパーエルマー」などはTOEICの得点を集中的に上げることを目的にしているので、英語力を要件とする大学職員の採用試験を受験する人にはオススメだと思います。

英語力以外で考えてみると、ほとんどの大学では、応募の要件に特定の資格を求めている場合はないため、大学職員に採用されるために必要な資格というのはないのかもしれません。

スポンサードリンク

英語力以外に大学職員の採用試験で有利になる資格はあるか

ただし、少なくても大学職員に採用されるために「有利になる資格」はあるのかなと個人的には思っています。

このため、ここでは、大学職員に採用されるために「有利になる資格」について、なんとなく考えてみたいと思います。

まず、通常の事務職として採用されたときの配属先は、特定の分野の部署にずっと配属されるというよりは、教務、会計、財務、総務、産学連携など様々な部署に配属されることになります。

これを踏まえると、様々な業務に共通して求められる(あったほうがよい)資格と各部署ごとに求められる(あったほうがよい)資格の2種類があると思います。

スポンサードリンク

大学職員の様々な部署に共通する資格とは

まず、様々な部署に共通する資格としては、パソコンに関する資格があります。

大学職員の事務職は、会議などに使う資料を作ったり、学生に配布する資料を作ったりと、膨大な資料を作る場面が多いです。

このため、様々な資料を迅速に処理するパソコンスキルがあるということを証明できると、少しは採用されるのに有利になるのかなと思いました。

実際の場面では、ワード、エクセル、パワーポイントが使えれば、ほとんどの資料を処理することができるので、アクセスなどのやや高度なスキルまでは求められないと感じています(もちろんできるにこしたことはありませんが)。

以上を踏まえ、ワード、エクセル、パワーポイントが使える能力を証明できる資格を調べてみたところ、MOSという資格がありました。

この資格は通信講座などでも取得が可能なので、「通信講座『たのまな』」などで検索してみるとよいと思います。

また、様々な部署に共通する能力としては、課題発見力、説明力、チームワーク力、コミュニケーション力などがありますが、これらを明確に証明できる資格はなかなかありません。

このため、これらの能力は、これまで経験などから、アピールするしかないのかなと思いました。

大学職員の各部署で求められる資格とは

次に、各部署ごとに求められる(あったほうがよい)資格について、考えてみたいと思います。

と、その前に、大学職員の採用後の配属先について考えてみたいと思います。

一般的に、大学職員の募集の段階では、どの部署に配属するかを決めていることは少なく、採用した人材の適性に合わせて、適切な部署に配属することが多いと思います。

つまり、面接の段階で、「この人はこの部署に配属すれば活躍しそうだ」と思わせることが、採用への近道になるのかなと思います。

このため、主な配属先となる部署に関係する資格を取得しておくことで、採用する側(大学側)が応募者の採用後の活躍をイメージしやすくなり、それが、採用されるためにちょっとは有利になるのではないかという考え方です。

これらを踏まえ、ここでは、大学でも主要な業務である①学生支援の部署、②会計関係の部署、③総務・人事関係の部署、④産学連携関係の部署について、必要な(あったほうがよい)資格について、考えてみたいと思います。

まず、①学生支援の部署の職員に必要な(あったほうがよい)資格についてです。

学生支援の部署では、就職に関する相談に乗ったり、
状況によっては精神的に不安定な学生の対応をすることがあります。
このため、ケアカウンセラーケアカウンセラーなどの資格があるとちょっとは有利になると思います。

次に②会計関係の部署の職員に必要な(あったほうがよい)資格についてですが、この部署は、簿記検定しかないと思います。

できれば、2級がいいと思いますが、3級でも努力は買われると思います。

次に③総務・人事関係の部署の職員に必要な(あったほうがよい資格)についてですが、社会保険労務士社労士はいいと思います。

最後の④産学連携関係の部署の職員に必要な(あったほうがよい)資格については、「知的財産管理技能検定」が該当するのかなと思いました。

以上が、私が考えた持っていると有利になると思われる資格です。

役に立つかはわかりませんが、参考にしていただければと思います。

なお、資格の取得までいってなくても、「今、勉強している」という状態でも少しは有利になるのかなとも思います。

ほかにもいろいろあるかもしれませんので、また思いついたら追記をしたいと思います。

大学職員に合格するための採用試験対策については、「現役大学職員面接官が伝える大学職員採用試験への対策」という記事で紹介しています。


スポンサーリンク