大学職員として勤務してよかったと感じていることについていくつか紹介したいと思います。

あまり数字に追われることがない

 
民間企業に勤めていたことは、営業という職種だったこともあり、毎月、契約件数や売上などの数字に追われていました。

その点、大学では、当然、新しい仕事は増えたりすることはありますが、数字に追われるというようなストレスが少ないと思っています。

ただし、あまり人気がなく受験生が集まらないような大学で、入試や広報の仕事をすることになった場合は例外です。

そのような大学は、受験者や入学者の結果が数字で出てしまうので、それなりに数字のストレスを感じると思います。

ただ、それであっても、課長や部長という立場でない限りは、直接、責任を取らされるというようなことはないので、普通の職員である限りはそんなにストレスなく働けるのかなと思っています。

あまり外部環境に左右されない

民間企業であれば、「食中毒が出た」など、ある1つの企業で何らかの事件が起きただけで、事件を起こしていない企業まで悪影響を受けることがよくあると思います。

また、「円安になった」、「円高になった」、「天候が」、「外国で暴動が」など、どうしようもないことが理由で、急に業績が悪化したりすることもあります。

その点、大学では、外部環境の影響を受けることはあまりないと思っています。

例えば、大学でも、「個人情報の漏えい」、「入試のミス」、「研究費の不正」、「アカハラ」、「不祥事による逮捕」など、たくさんの事件が起こります。

しかし、事件が起こったからといって、急激に受験者が減ったり、大学がつぶれたりするようなことはないと思っています。

近年、少子化により「大学が潰れる」というようなことも言われていますが、そのようなことが起こる可能性があるのは、一部の地方の大学や、人気のない学部しかない単科大学の話で、たいていの大学は今後もつぶれないと思います。
 
なぜならば、高校生の進路は大学だけではなく、就職や専門学校などもあり、そのような進路を選んでいた人達が大学進学を選ぶようになったりするからです。

大学がたくさん潰れる前に、まずは専門学校がたくさん潰れることになるので、専門学校がたくさん潰れ始めたら、ちょっと注意が必要になってくるかと思います。

なので、とりあえず、転職・就職する大学を選ぶときは、一定のレベル以上の大学を選ぶと安心して働けます。

ただし、少子化によって、学生の質が下がっていき、大学の教育のレベルが下がるということはあると思います。

このため、大学の改革が必要になり、大学職員の力が求められているのだと思います。

スポンサードリンク

有給休暇がそれなりに取得できる

民間企業に働いていたときは、有給休暇を取得したのは、5年間で1日だけ(退職する前日)でした。

また、休日出勤したとしても、代休みたいなものを取得することはできず、ほとんどがサービス出勤となっていました。

一方で、大学の場合は、今ではだいたい1年間に10日~15日くらいは有給休暇を取得することができています。

職員によっては20日くらい取得する人もいます。

私自身はあまり趣味などはないのですが、多趣味な人は、趣味の時間を作ったり、お子さんのいる人はご家族の時間をより多くとれる環境になっています。

残業代が出る

民間企業で働いていたときは、1ヶ月に100時間~120時間の残業がありましたが、残業代は0円でした(それが当たり前だと思っていました)。

それが、今の大学の職場では、残業した分はしっかりと残業代が出るので、すごく驚いているのと助かっています。

大学や部署によっては、予算がなく、そもそも残業ができないというようなところもあるかもしれませんが、基本的には、残業代は出るのかなと思っています。

以上が、私が大学に転職してよかったなと感じているところです。


スポンサーリンク