みなさん、「ストレングスファインダー」って知ってますか?

「ストレングスファインダー」とは、アメリカのギャラップ社という会社が開発した心理テストで、個人の「強み」や「才能(資質)」を診断してくれるものです。

個人の「強み」や「才能(資質)」とは、適応性、活発性、コミュニケーション、慎重さ、共感性未来志向、学習欲、責任感、戦略性、社交性など34種類があり、この心理テストではそのうち、上位5つの「強み」や「才能(資質)」が結果として出されれるものとなっています。

転職活動をしていると、選考書類を書くときや面接の場などで、「自分の強みや自分の良さってなんだろう」と悩むことがたくさんあると思います。

そんなときにストレングスファインダーを行うことで、自分自身が今まで気が付くことのできなかった自分の「強み」や「才能(資質)」を知ることができます。

このストレングスファインダーを受けるには、専用の書籍を購入するなどいくつか方法があるのですが、だいたい1,000円~2,000円程度かかってしまいます。

ちなみに、専用の書籍は、
「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」などです。

しか~し、リクナビネクストでは、無料でストレングスファインダー似た「グッドポイント診断」というテストを受けることができます。
(リクナビネクストの登録は無料でできるので完全無料で受けることができます。)

グッドポイント診断では18種類のグッドポイント(強み)から、上位5つのグッドポイント(強み)を示してくれます。

ということで、私自身も試してみました~

まず、私の強みは、
 ①受容力
 ②決断力
 ③柔軟性
 ④感受性
 ⑤親密性
という結果でした~

細かい解説を見ていくと、
①受容力は「考え方が異なるタイプの人ともうまくやれる」
②決断力は「ものごとをスピーディーに考えられ思い切りよく決断できる」
③柔軟性は「臨機応変に動ける」、「自分なりのアレンジを繰り返すことができる」
④感受性は「円滑な人間関係が結べる」、「相手のトーンやタイミングに合わせることができる」
⑤親密性は「常に謙虚な気持ちで行動できる」
などなど、面接の場などで使えそうなフレーズがたくさん載っていました。

ちなみに、診断結果は以下のようなイメージです~

無料なのに、結構、細かく結果がでるんですね~

大学職員の採用試験は競争倍率が高いことから、事前の準備・対策がすごく重要になります。
(片手間で受けてもなかなか受からない。)

このため、自分の「強み」をしっかりと分析するというのも、大学職員に採用されるためには必要なことになると思います。

リクナビネクストの「グッドポイント診断」は、無料で自分の「強み」を知ることができる数少ない方法だったので、興奮を抑えきれずご紹介させていただきました~

グッドポイント診断テストを受けるか受けないかは・・・
あなた次第です!!!

グッドポイント診断を受けたい方は、以下から受けることができます。

スポンサーリンク

管理人プロフィール
・大学職員歴10年以上で採用試験の面接官を担当
・これまでに大学職員を目指す約100人の方の応募書類等の添削や面接対策に対応
・キャリアコンサルタント(国家資格)保有
・ツイッター(@daigaku_123)でも採用試験対策に関する情報を発信しています
・Amazonで『大学職員の採用試験を受ける前に知っておくべきデータや大学の課題・用語等』『大学職員面接回答事例集59』の2冊の電子書籍を販売しています

新サイト(姉妹サイト)のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは面接試験で実際に出された質問や実際に大学職員採用試験に応募した方の志望動機・ESの実例、テーマ別小論文作成例などの一般には公開しにくい情報を中心に掲載しています。主なコンテンツは、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介各種大学ランキングまとめです。こちらのサイトもぜひご活用ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト

2020年の人気記事(ページビューランキングトップ10)
第1位:大学職員の面接対策「よく出される質問」と回答例
第2位:【例文15個】大学職員志望動機例文まとめ~現役大学職員面接官が伝えたいこと~
第3位:大学職員の給料(年収)はピンキリだから受ける前にこの記事読んで!
第4位:現役大学職員面接官が伝える採用試験に合格するための対策
第5位:大学職員面接質問例「大学における職員の役割は何だと思いますか」の回答
第6位:大学職員の仕事内容を理解しておく理由と仕事理解ができる記事の紹介
第7位:面接質問例「大学職員に採用されたらどのような仕事がしたいですか」の回答
第8位:大学職員の面接試験でよい印象を与える逆質問とは
第9位:面接質問例「あなたの大学職員に採用された後のキャリアプランについて教えてもらえますか」の回答
第10位:大学職員の仕事②「教務の仕事内容」の紹介

本ブログの主な記事一覧
★「大学職員の仕事理解・職業理解」に関する記事★
★「大学職員採用試験に応募する前の準備」に関する記事★