大学職員の採用試験に合格するためには、筆記試験や面接試験などの対策をすることはもちろん大事ですが、その前に「大学の現状」を理解しておくことが重要になります。

大学の現状とは、
・大学が今、どのような状況に置かれているのか
・大学には何が求められているのか
・大学は今後、どのようになっていくべきなのか
・大学で抱えている課題は何か
・大学はどのような人材を求めているのか
などです。

このような大学の現状を理解していないと、きっと、面接での受け答えがうまくいかないでしょうし、小論文試験などでも的外れの主張をしてしまうことになると思います。

また、大学が求める人材を理解していないと、大学職員の採用試験に合格する可能性も低くなってしまうと思います(大学で必要とされる人材であるということをアピールしたほうが合格に近づくと思います)。

大学の現状を理解するための情報は、インターネット上で検索をすることで見つけることもできますが、なかなかまとまった情報が見つけることが難しかったりします。

そこでオススメなのは、「大学職員の採用試験を受ける前に知っておくべきデータや大学の課題・用語等【平成28年1月版】」という本(電子書籍)です。

この本は、以下の目次にもあるように、データを用いて大学の状況を説明したり、大学で利用されている用語が紹介されているなど、大学の現状を理解するための情報がある程度まとまっています。

1つ1つの情報がコンパクトにまとまっていますし、難しくなく書かれているので、これから大学職員の採用試験の対策をする人にとってはよい本だと思います。

また、この本では、大学に関するデータだけでなく、各大学の特色のある取組が紹介されていたり、大学で実際に起きている事件なども紹介されているので、大学の実態を感じとることができます。

どちらかというと初心者向けという感じがしますので、すでに大学の現状についてそれなりに理解している人については少し物足りないかもしれませんが、これから大学の現状について分析をするという方には見る価値はあると思います。

電子書籍なので紙の本としては読めないのですが、スマホやパソコンでも見ることができるので、興味がある人は、購入してみるのもよいと思います。

クリックで見れます↑
★パソコンで見たい方はKindle for PCをダウンロード
★スマホ(iPhone)で見たい方はiphone用Kindleアプリをダウンロード
★スマホ(アンドロイド)で見たい方はAndroid用Kindleアプリをダウンロード

ちなみに目次はこんな感じになっています。

第1章 採用試験を受ける前に知っておくべき基礎データ
・日本の18歳人口の推移
・大学、短期大学、専修学校の学校数の推移
・大学、短期大学、専修学校の入学者数・進学率の推移
・私立大学、短期大学の定員割れ学校数及び定員割れ率の推移
・日本から海外への留学者数の推移
・諸外国における海外留学と日本の状況との比較
・高等教育機関に在籍する外国人留学生の推移
・大学生の就職率の推移  などなど

第2章 大学が抱える課題や最近話題となっている問題
・大学に求められる役割
・大学のグローバル化(国際化)
・大学教育の質的転換
・大学の機能別分化
・大学のガバナンス改革  などなど

第3章 各大学の特色のある取組
・学生支援に関する特色のある取組
・教育に関する特色のある取組
・試に関する特色のある取組  などなど

第4章 採用試験を受ける前に知っておくべき大学用語
・アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)
・ファカルティ・ディベロップメント(FD)
・スタッフ・ディベロップメント(SD)
・アドミニストレーター
・アクティブ・ラーニング
・GPA(Grade Point Average)  などなど

第5章 おまけ
・大学のイベントに参加することで大学の雰囲気を知ることができる!
・大学ランキングから受験する大学の魅力・特色を知ることができる!
・募集停止になった大学を知ることで危険な大学を予測できる!
・大学で実際に起きている事件・事故などから大学の実態を知る!  などなど

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

  2. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク