大学職員歴10年以上で、採用試験の面接官を担当させていただいている私が、ここ最近の大学関連のニュースで、先進的でおもしろいと感じた取組や知っておくべきと感じた事例について、分野ごとに各取組・事例の概要をまとめさせていただいています。

スポンサードリンク


2019年4月前半は計20件のニュースを紹介いたします。

このブログではその内容の一部をご紹介させていただいております。

スポンサードリンク

目次

第1章 教育改革に関するニュース
 1 特色のある授業・教育の取組【3件】
 2 学習支援・教育環境の整備【1件】

第2章 学生支援に関するニュース
 1 キャリア・就職支援【2件】
 2 学生生活・課外活動支援【2件】
 3 学生が企画・運営する取組【1件】

第3章 入試・広報に関するニュース
 1 魅力的な広報の取組【1件】

第4章 社会貢献に関するニュース
 1 地域活性化・地域貢献【2件】

第5章 グローバル化(国際化)に関するニュース
 1 日本人学生の語学力を高める取組【1件】

第6章 その他のニュース
 1 文部科学省・大学業界等の動向【2件】
 2 新設大学・新学部等の設置【1件】
 3 大学ランキング・統計調査等【3件】
 4 その他特色ある取組やニュース【1件】

第1章 教育改革に関するニュースの紹介

1 特色のある授業・取組

(1)宇宙教育プログラム
<実施大学>
東京理科大学

<取組の概要>
東京理科大学では、大学生、高校生及び高等専門学校生を対象に、「宇宙教育プログラム」の受講生の募集を開始いたしたことを発表しました。

この「宇宙教育プログラム」は、宇宙飛行士である向井千秋特任副学長をはじめ、宇宙関連研究者である同大学教員を中心に実施するものとなっています。

また、最先端で活躍する学外の研究者・技術者・宇宙飛行士・起業家の方々にも講演いただくことになっています。

<取組に対するコメント>
このプログラムは、大学生だけでなく、高校生や高等専門学校生を対象にしているのも特色の1つだと思います。

高校生や高等専門学校生が、大学教員や東京理科大学の学生と一緒に学ぶことで、東京理科大学の魅力を伝えることができるので、広報活動の一環としてもよい取組だと思います。
 
また、「宇宙」をテーマにした取組というのも大学らしくて、魅力的に映る取組だと感じました。

2 学習支援・教育環境の整備

(1)学内でAIバスを本格運行開始
<実施大学>
九州大学

<取組の概要>
九州大学は、単一のキャンパスとしては国内最大の九州大伊都キャンパスで、AI(人工知能)システムを搭載した「オンデマンドバス」を本格運行すると発表しました。

このシステムを開発したNTTドコモによると、本格運行するのは全国でも初めての試みとのことです。

このバスは、学生を中心とした乗客が、希望する乗降場所に応じて効率的な運行ルートを判断し、キャンパス内の移動時間を短縮できるのが特徴となっています。

バスの名称は「aimo(アイモ)」で、学生や教職員は無料で利用でき、スマートフォンの専用アプリで37地点の中から乗降場所を選択できるようになっています。

<取組に対するコメント>
多くの大学で、キャンパス内の教室間の移動や、施設間の移動を負担に思っている教職員がいるので、まずは、学生の負担の軽減や、教職員の働きやすさという観点から非常に魅力的な取組だと思いました。

また、このような最先端の技術を、大学内で感じることができるというのは、これから大学を目指す若者にとっても魅力であるし、大学として、さらに存在意義を高めることができると思います。

このような、最先端の技術がキャンパス内の至るところにあるということは、大学にとっても魅力につながるとも感じました。

第2章 学生支援に関するニュースの紹介

1 キャリア・就職支援

(1)オンラインツールを活用したキャリア教育の
<実施機関>
実践女子大学

<取組の概要>
実践女子大学は、3年生のキャリア教育科目「キャリアデザイン」において、ビジネスの基礎知識をスマートフォンやパソコンで学べるオンライン学習ツール「グロービス学び放題フレッシャーズ」を2019年4月より導入することを発表しました。

大学での講義とオンライン学習ツールを利用した反転学習を組み合わせることで、学生が自由に学べる環境を整えることで、質の高いキャリア教育を行うことができるようにしています。

また、このツールは、1コンテンツ3分となっており、場所も選ばず手軽に取り組める内容となっています。

<取組に対するコメント>
社会が求める人材を育成していくためには、大学の「知」だけではなく、活用できるツールはどんどん導入すべきだと思います。

大学では、自らの教育を肯定する意味でも、外部のツールに頼ることはあまり多くないのですが、大学よりも質の高いツールを提供する企業はどんどん増えてきていると思うので、費用対効果の高いものについては、大学としても積極的に導入していくことで、学生の満足度を高めることもできると思います。

2 学生生活・課外活動支援

(1)キャンパス内にイタリアンレストランをオープン
<実施大学>
聖心女子大学

<取組の概要>
聖心女子大学は、表参道の人気レストラン「RISTORANTE DA FIORE」の眞中秀幸シェフがプロデュースしたイタリアンレストラン「La Mensa jasmin」(ラ・メンサ ジャスミン)をオープンしたと発表しました。

このレストランは学生だけでなく、学外の一般の方も利用できるようになっています。

特徴として、農薬や化学肥料などを使用しないBIO食材や生産者から直送された野菜などをベースにし、地球にも健康にも優しい美味しい料理・飲物で、安心して楽しめるカフェレストランとなっています。

<取組に対するコメント>
大学は学生にとって居心地がよい場所である必要があると思っています。

このため、このような居心地のよいカフェを大学内に設置することは、学生支援の1つにもなるし、学生の勉強する場の1つにもなると思います。

また、同じ施設内で大学の企画展示やワークショップも開催することになっており、学外の方が大学きたタイミングで、大学の取組が紹介できるようになっているのも特徴的だと感じました。

すべてのニュースはこちら

2019年4月前半は計20のニュースを紹介しています。
すべてのニュースを見たい方はこちらをご確認ください。

以前のニュースはこちらです。
大学関連ニュース(3月後半版)
大学関連ニュース(3月前半版)
大学関連ニュース(2月後半版)
大学関連ニュース(2月前半版)
大学関連ニュース(1月後半版)
大学関連ニュース(1月前半版)
大学関連ニュース(12月後半版)
大学関連ニュース(12月前半版)

その他の大学職員採用試験の受験対策ができる書籍はこちらです。



大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

  2. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくこくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

  2. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク