今回は、中部地方にある国立大学職員への転職を目指すNさんからの相談事例の紹介です。

スポンサードリンク


Nさんからは、エントリーシート全体の添削依頼があり、志望理由、携わりたい業務、学生時代に最も力を入れたこと、最近関心をもったこと、自己PR等についてコメントをさせていただいております。

スポンサードリンク

エントリーシート全体について

エントリーシートについて確認させていただきましたが、全体的によく書けており、よい印象を持ちました。

そのうえで、いくつか気になった点についてコメントをさせていただきます。

些細な点も記載しておりますので、必要だと思う部分について修正をしていただければと思います。

志望理由について

冒頭に「これまでの経験から」という記載がありますが、「これまでの経験が何かということが書面上では読み取れないため、もう少し具体的に書いたほうがよいと感じました。

文字数の制限もあるため、どこかを削る必要があるかもしれませんが、「人や社会に寄り添いサポートし、共に成長していける仕事に関わっていきたい」と思った理由を簡単に記載したほうがよいと思います。

イメージとしては、「現職での〇〇や〇〇の経験から」や、「学生時代に〇〇を専攻したことや現職での〇〇の経験から」などという書き方が考えられます。

携わりたい業務について

3行目の「ただし、大学運営を円滑に進めるためには・・・大学運営に求められる人材を目指します」という流れについては、文章としてやや違和感があるので、

「ただし、大学経営を担っていくためには幅広い知識・経験が必要になるため、研究支援や総務、財務といった幅広い業務に携わっていきたいです」や、

「ただし、大学運営に求められる人材になるためには幅広い知識・経験が必要になるため、研究支援や総務、財務といった幅広い業務に携わっていきたいです」

などに変えてもよいと感じました。

学生時代に力を入れたことについて

1行目に同じ言葉が2つありますので、1つを削除する修正をしていただければと思います。

また、5行目の「最も良い評価を頂くことが出来ました」については、可能であれば「〇〇という新たな知見を発見し、高い評価をいただきました」などと、「成績」ではなく、「具体的な成果」が書けるとよりよい印象を与えられると感じました。

その理由は、「成績」の場合は出身大学によっても成績の難易度が異なっていたり、卒業研究の場合は学生全体としてよい成績が付くという印象をもってしまうため、高い成果であるかがわからないためです。

全体としては「自ら学ぶ能力」と「積極性」をアピールできる記載となっているので、よい印象を持ちました。

最近関心を持ったことについて

3行目についてですが、質問としては「関心を持ったことは何ですか」というものであるので、仮に新聞記事等であれば、語尾を「・・・という記事に関心を持ちました」としたほうが文章として自然になると思います。

自己PRについて

4行目の「培ってこれたと考えております」という記載については、「培うことができたと考えております」にしたほうが丁寧な印象になると感じました。全体としては、「協調・協働できる能力」をアピールできる記載となっているので、よい印象を持ちました。

(目次に戻る)大学職員の就職・転職相談の事例一覧
大学職員になるための転職エージェント・サイトランキング
大学職員になりたい人が登録すべきサイトの紹介

ご相談したい方

「ココナラ」に登録して、「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスします」を検索してください。

また、大学の業界研究や動向を知りたい方はこちらもご活用ください。




大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

  2. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくこくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

  2. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク