北陸中規模大学の職員を目指す方からココナラを通じていただいた相談に対する回答を紹介させていただきます。

スポンサードリンク


Cさんからはエントリーシート全般についての相談をいただきました。

経歴について

私が人事担当者の視点で見ると、「○○」の退職理由が不明確なところが気になります。

例えば、「語学を学ぶため」などの理由を記載できるのであればよい印象を与えることができます。

スポンサードリンク

志望動機について

○○大学の求人票の「主な職務」を見ると、様々な業務が記載されています。

多くの大学では、3年~5年程度で人事異動を行い、様々な業務を経験させていくケースが多いです。

Cさんの志望動機は、学生のキャリア・就職支援を中心とした記載となっておりますが、大学では学生を支援する業務以外にも多くの業務があるため、あまり業務を限定せずに記載したほうがよいと思われます。

特に、○○大学では、系列校の高校での勤務も想定されているため、そのような観点からも特定の学校や特定の業務を限定しないほうがよいと思います。

また、「キャリア・就職支援」を志望動機とする多くの方は、会社での人事経験があったりすることが多く、それまでの職務経験を活かすというケースが多いです。

大学で中途採用を行う場合は、これまでの経歴を見て、その経験から大学でどのような活躍ができそうかを確認します。

Cさんの経歴を確認すると、「キャリア・就職系」よりは、「国際系」の業務のほうがより活躍できるように思えるので、思い切って志望動機のメインを「国際系」に変えるということも考えられると思います。

自由記入欄について

「勤務に関する希望」を書くようになっているので、現在のような記載ではなく、例えば、「学生支援だけでなく、庶務や財務などの様々な業務を経験したい」や「大学だけでなく中学・高校でも業務をしたい」など、勤務に関することで積極性などをアピールできるような記載するとよいと思います。

(目次に戻る)大学職員の就職・転職のアドバイスを行っています

大学職員になるための転職エージェント・サイトランキング

ご相談したい方

「ココナラ」に登録して、「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスします」を検索してください。

また、大学の業界研究や動向を知りたい方はこちらもご活用ください。





スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト