京都産業大学の平成31年4月1日付採用情報(新卒)

<採用情報掲載媒体>
大学ホームページ

<募集人数>
7名程度

<応募条件・応募資格>
以下のいずれかの条件に該当する方
1.平成31年3月 4年制大学卒業見込の方(新卒)
2.平成28年3月以降 4年制大学卒業の方(第2新卒)

※いずれも大学院(修了見込/修了)の方を含みます
※文系・理系は問いません

<応募書類>
・履歴書
・エントリーシート

<選考プロセス>
・先輩職員との懇談会
【日時:平成30年4月14日、21日、28日 各13:00~】
【会場:京都産業大学 神山天文台】
・説明会
【日時:平成30年5月19日 14:00開始(16:00頃修了予定)】
【会場:京都産業大学 神山ホール】
・Webからのエントリー【平成30年5月1日~5月31日】
・1次選考:筆記試験【平成30年6月2日、6月3日】※上記応募書類を持参
・2次選考:【平成30年6月13日、14日、16日のいずれかの日程】
・3次選考:【平成30年6月21日、22日、23日のいずれかの日程】
・最終選考:【平成30年6月下旬】

※2次選考~最終選考
グループ面接、適性検査、個人面接など

<その他>
■給料、諸手当、ボーナス等
・給料
217,800円
※平成29年4月実績
・諸手当
住居手当、通勤手当等
・ボーナス
年2回(6月、12月)

■求める人材像
【5つのキーワード】
・自立心をもって挑戦し続ける人
自らの創意工夫と好奇心で主体的に仕事に取り組み,失敗を恐れずチャレンジ精神旺盛な人
・責任感をもって行動できる人
自分の役割を明確にした上で,自らが率先して行動し,自分の能力を最大限に発揮して成果を出せる人
・向上心をもって成長できる人
自分の可能性を信じ,自己啓発と自己研鑽により付加価値を生み出すことができる人
・知的好奇心をもって知識欲を高め続けられる人
課題を正しく把握し,自信をもって職務遂行する上で必要な専門知識を深め,幅広い教養を高めることに常に意欲的な人
・組織人としての謙虚さを持ち続けられる人
組織の一員として,謙虚な気持ちで相手に接し,十分な意思疎通をはかり,人との信頼関係が構築できる人

【5つのスキル】
・コミュニケーションスキル
人との関係をしっかり作ることができ,また,場の空気が読める能力
・ロジカルシンキングスキル
「考える」「話す」「書く」の全ての場面で活用できるスキルで,筋道を立てて考え,結論を出せる能力
・シミュレーションスキル
最終目的に達するまでの過程を想定する能力。自分の担当業務の達成までの行程が組み立てられる能力
・グローバルスキル
国際感覚を持ち,業務に活かすことのできる語学力
・ITスキル
あらゆる局面で必要となるデータの収集,膨大なデータから洞察力を働かせ真に意味ある情報だけを抽出し分析する能力

京都産業大学の平成29年4月1日付採用情報(新卒)

<採用情報掲載媒体>
大学ホームページ

<募集人数>
5名程度

<応募条件・応募資格>
以下のいずれかの条件に該当する方
・平成29年3月 4年制大学卒業見込の方(新卒)
・平成26年3月以降 4年制大学卒業の方(第2新卒)

※いずれも大学院(修了見込/修了)の方を含みます
※文系・理系は問いません

<応募書類>
不明

<選考方法>
・面接(個人面接、グループ面接)
・筆記試験 他

<選考プロセス>
・先輩職員との懇談会【平成28年4月23日・平成28年5月11日】
※参加しなくても受験可
・採用説明会【平成28年5月28日14時開始(16時頃終了予定)】※参加しなくても受験可
・1次選考:【平成28年6月4日or 5日】
・2次選考:【平成28年6月16日、17日、18日のいずれかの日程】
・3次選考:【平成28年6月23日、24日、25日のいずれかの日程】
・最終選考:【平成28年6月30日(予定)】

<その他>
■給料、諸手当、ボーナス等
・給料
217.800円(平成28年3月現在)
・ボーナス
年2回(6月、12月)

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

  2. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。

大学職員になりたい人が登録すべきサイトランキング
  1. 各大学の口コミ情報が見れる「キャリコネ」

     各企業や大学の口コミ情報が見れるサイトです。給料、採用面接で実際に出された質問、職場の雰囲気等の口コミ情報を無料で見れます。面接対策を行うために絶対に登録すべきサイトです。興味がある方は『公式サイト「キャリコネ」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  2. グッドポイント診断

     「自分の強み」を知ることができる本格診断サービスです。エントリーシートや面接の自己アピールのヒントになるので必ず1度は実施しましょう(無料です)。診断は『公式サイト「グッドポイント診断」』 詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

  3. 転職力診断診断テスト

     テストを受けることにより無料で①転職力総合得点、②総合順位、③予想内定社数、④予想年収を知ることができます。ご自身の経歴ではどの程度の転職が望めるかを確認してみるのによいツールです。診断は『公式「転職力診断サイト」』、詳しく知りたい方は『サイト詳細紹介ページ』をご覧ください。

大学職員転職サイトランキング
  1. マイナビ転職

     同じく大学職員の求人が多いのはマイナビ転職です。大学職員を目指している方の多くが利用しているため、こちらも登録しておくこくことをおススメします。登録は、『公式サイト「マイナビ転職」』をご覧ください。転職サイトはこの2つのサイトでかなりの求人を占めているので大丈夫ですが、以下の転職エージェントは幅広いサイトで求人出ています。

  2. リクナビネクスト

     転職サイトは、転職エージェントと異なり、担当カウンセラー等はつきませんが、大学職員の求人を一気に見つけることができます。大学職員の求人が多い転職サイトは何といってもリクナビネクストです。スカウト機能をONにすると大学から直接オファーがきたりします。登録は『公式サイト「リクナビネクスト」』をご覧ください。

大学職員転職エージェントランキング
  1. doda

     転職エージェントは担当タウンセラー等と一緒になって転職活動を進めることができます。大学職員の求人は様々なサイトでバラバラと掲載されるため複数のサイトに登録しておく必要があります。その中でまず最初に登録していただきたいサイトです。最近になって大学職員の求人が増えてきています。登録は『公式サイト「doda」』をご覧ください。

  2. マイナビエージェント

     大学職員の求人が比較的多く掲載され、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接等を利用回数や期間に制限なく利用することができます。また、求職者の都合に合わせて夜間や土曜(9:30〜17:30)の相談も受けてくれるところも魅力です。登録は『公式サイト「マイナビエージェント」』をご覧ください。

  3. type転職エージェント

     大学職員の求人が定期的に掲載されており登録しておきたいサイトの1つとなります。転職市場に精通した業界・業種ごとの専門知識をもったキャリアアドバイザーの支援を受けることができます。登録は『公式サイト「type転職エージェント」』をご覧ください。

  4. リクルートエージェント

     転職エージェント最大手で、大学職員の求人も確認されていることから登録しておくべきサイトです。面接向上セミナーは非常に評判がよいです。登録は『公式サイト「リクルートエージェント」』をご覧ください。

  5. ランスタッド

     あまり有名ではないのですが大学職員の求人が出ることがあります。まだ登録している人が少ないと思われるのでもしかしたらライバルが少ない求人があるかもしれません。登録は『公式サイト「ランスタッド」』をご覧ください。

  6. パソナキャリア

     大学職員の求人が時々出されます。親身なカウンセリングで転職者をサポートし、年収アップのサポートも行うとされています。登録は『公式サイト「パソナキャリア」をご覧ください。


スポンサーリンク