山形大学の平成31年4月1日付(早期採用も有り)採用情報(新卒・中途)

<採用情報掲載媒体>
大学ホームページ

<募集人数>
若干名

<応募条件・応募資格>
次の(1)及び(2)の要件を全て満たす方を対象
(1)大学を卒業、または大学院を修了した者(平成31年3月に卒業または修了見込みの者を含む)で、昭和60年4月2日以降に生まれた者
(2)採用後、山形県内に居住し、山形大学及び山形県の発展に寄与する意欲のある方

次のいずれかに該当する者は、積極的に応募ください。
・企画・運営・営業などの経験を有する者
・会計業務の経験を有する者
・情報業務の経験を有する者

<応募書類>
・エントリーシート(Word形式)
※志望動機、自己PR及び今後の抱負各400字以内などの記載を含みます。
・成績証明書
※大学(学部)の成績証明書を提出願います。なお、大学院修了者は、大学院の成績証明書も提出願います。
・小論文「『山形大学において、自分の強みを活かしてできること。』を具体的に述べてください。」(Word形式)
※1,000字以内(A4版横書き)

<選考プロセス>
・応募締切:上記書類を提出【平成30年11月2日】
・1次選考:書類審査及びWeb適性検査
 Web適性検査【平成30年11月7日~11月11日】
・2次選考:集団討論【平成30年11月19日~11月20日】
・3次選考:面接考査【平成30年11月29日】

<その他>
■給料、諸手当、ボーナス等
・給料
初任給【月額162,700円~ 】
※学歴・職歴等に応じて加算されることがあります。また,社会情勢の変化及び本学の予算状況により減額して支給されることがあります。
・諸手当
通勤手当、住居手当等

■求める人材像
(1) 山形大学の発展及び地域貢献のために働く強い意欲のある人
(2) 失敗を恐れず,積極的に仕事に取り組むことができる人
(3) 他の職員とコミュニケーションをとりながら,協力して仕事を進められる人
(4) 経営的視点を持ち,交渉力が高い人
(5) 様々な環境の変化に対し,柔軟に対応できる人

スポンサードリンク

山形大学の平成30年4月1日付(早期採用もあり)採用情報(新卒・中途)

<採用情報掲載媒体>
大学ホームページ

<募集人数>
若干名

<応募条件・応募資格>
次の(1)及び(2)の要件を全て満たす方
(1) 四年制大学を卒業した者又はそれに準ずる者(平成30年3月に卒業見込みの者を含む)
(2) 採用後、山形県内に居住し、山形大学及び山形県の発展に寄与する意欲のある方

<応募書類>
・エントリーシート
・成績証明書 (大学院修了者は、大学院の成績証明書も提出)
・小論文

<選考プロセス>
・応募締切:上記書類を提出【平成29年10月2日】
・1次選考:書類選考、Web適性検査【平成29年10月5日~10月6日】
・2次選考:集団討論【平成29年10月17日~10月18日】
・3次選考:面接考査【平成29年10月26日】

<その他>
■エントリーシート(申請書)の記載項目など
エントリーシート
・志望動機(400字以内)※山形県内へのUターンを希望する方はその理由を含む
・自己PR(400字以内)
・今後の抱負(400字以内)

小論文
・「大学経営」という観点から、山形大学の10年先がどうあるべきかを踏まえながら、あなたが事務職員としてどのように本学に貢献できるか(1000字以内)

■給料、諸手当、ボーナス等
・給料:初任給 月額160.400円~
 ※学歴・職歴等に応じて加算。また、社会情勢の変化及び本学の予算状況により減額して支給されることがある

・諸手当:実態に応じて通勤手当、住居手当等の各種手当を支給

■求める人材像
上記求人と同様

大学職員採用試験の倍率がどんなもんかを調べてみました。

無料で自分の強みを確認できるサイトを紹介しています。

スポンサーリンク

~大学職員採用試験のオススメ対策本~ おかげさまでアマゾンのレビューでも高い評価をいただいています。

また、Amazon売れ筋ランキング「キャリア(有料)」部門で私が出版している電子書籍が9位と10位にランクインしました(2020年7月時点)。ホリエモンの「多動力」よりも上位になりました。 Amazonキャリアランキング

新サイト作成のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは、採用試験に向けてできる限りの対策ができるように、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介等を掲載しています。ご興味がある方はこちらもご覧ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト