転職活動(就職活動)にテンションが上がらないときは、「市場価値診断(無料)をやってみちゃうと、転職活動(就職活動)へのモチベーションが上がるかもしれません。

このサービスは、大手人材サイトのインテリジェンスさんが提供しているもので、診断自体は5分もかからずできるので手軽にできてよいです。

このテストをやってみると、以下のように、「あなたにフィットした求人数」と「あなたの上限平均年収」をみることができます。

また、ここのサイトのすごいところは、無料会員登録をして、ログインをすると、その時期ごとに「フィットした求人数」と「上限平均年収」も変わります。

当然と言えば当然なんですが、時期によって求人数も変わるし、景気によって年収も変わるので、1回限りの診断だけでなく、随時情報が更新されるのはすごいですね。

これを見て、「上限平均年数」が上がったときに、転職活動(就職活動)に力を入れるというのもよいかもしれません。

以下のような感じになっています。

さらに、自分にフィットした求人とその求人の上限平均年収が一覧で見れるので、思い切って上限平均年収が高い企業に応募するのもおもしろいかもしれません。
(自分が思ってもいなかった企業の発見につながるかもしれません。)


また、、ログインした画面では、どんな職種・業種の人が、どんな職種・業種に、どのくらいの割合が転職したかがわかるデータも掲載されています。

これで、現在の自分の職歴や過去の職歴を踏まえて、自分がどんな職種・業種に転職しやすいかがイメージできると思います。

たとえば、営業の経験がある人のデータは以下のような感じになっています。


また、どんな職種・業種の人が、いくらくらいの年収の会社に転職したかというデータもあります。

転職実績を赤裸々に示してくれるのですごく参考になります。

これにより、自分がどれくらいの年収の会社に転職しやすいかがイメージできるのかなと思います。

新しくできたサイトなので、今後も新機能が追加される予定です。ぜひ、転職活動(就職活動)のテンションが上がらないときに、
市場価値診断(無料)をやってみましょう~

MIIDAS

スポンサーリンク

管理人プロフィール
・大学職員歴10年以上で採用試験の面接官を担当
・これまでに大学職員を目指す約100人の方の応募書類等の添削や面接対策に対応
・キャリアコンサルタント(国家資格)保有
・ツイッター(@daigaku_123)でも採用試験対策に関する情報を発信しています
・Amazonで『大学職員の採用試験を受ける前に知っておくべきデータや大学の課題・用語等』『大学職員面接回答事例集59』の2冊の電子書籍を販売しています

新サイト(姉妹サイト)のお知らせ
会員限定の「大学職員への就職・転職対策サイト」を新たに作成しました。このサイトでは面接試験で実際に出された質問や実際に大学職員採用試験に応募した方の志望動機・ESの実例、テーマ別小論文作成例などの一般には公開しにくい情報を中心に掲載しています。主なコンテンツは、志望動機・志望理由実例紹介エントリーシート作成例まとめテーマ別小論文作成例テーマ別グループディスカッション対策実際の面接試験で出された質問紹介面接試験に向けた作成した回答予定内容紹介採用試験前にしっておくべき66個のデータ教育改革やグローバル化等の分野別の特色のある取組紹介各種大学ランキングまとめです。こちらのサイトもぜひご活用ください。
⇒大学職員への就職・転職対策サイト

2020年の人気記事(ページビューランキングトップ10)
第1位:大学職員の面接対策「よく出される質問」と回答例
第2位:【例文15個】大学職員志望動機例文まとめ~現役大学職員面接官が伝えたいこと~
第3位:大学職員の給料(年収)はピンキリだから受ける前にこの記事読んで!
第4位:現役大学職員面接官が伝える採用試験に合格するための対策
第5位:大学職員面接質問例「大学における職員の役割は何だと思いますか」の回答
第6位:大学職員の仕事内容を理解しておく理由と仕事理解ができる記事の紹介
第7位:面接質問例「大学職員に採用されたらどのような仕事がしたいですか」の回答
第8位:大学職員の面接試験でよい印象を与える逆質問とは
第9位:面接質問例「あなたの大学職員に採用された後のキャリアプランについて教えてもらえますか」の回答
第10位:大学職員の仕事②「教務の仕事内容」の紹介

本ブログの主な記事一覧
★「大学職員の仕事理解・職業理解」に関する記事★
★「大学職員採用試験に応募する前の準備」に関する記事★