<大学用語集>
リベラル・アーツ

<解説>
リベラル・アーツの起源は、古代ローマにおける自由(liberal)市民に必要な学芸(arts)としての言語と数学系の諸科にあり、生産階級である奴隷(servile)の技芸(arts)に対していった。

それは、中世のヨーロッパ大学において、文法・修辞・論理の言語系3学(trivium)と算術・幾何・天文・音楽の数学系4学(quadrivium)の7自由学芸として哲学(学芸)部に定着し、特定の職業からの拘束を受ける神・法・医の専門職学部の諸学芸に対して自由な学芸とされ、また一方でそれらの教育のための基礎学芸と位置づけられた。
 
近代のそれはアメリカの大学で確立した概念で、自由人に相応しい、特定の職業のためではないない、一般的な知力を開発する学芸を意味し、言語・数学系の諸科と人文科学、社会科学、自然科学の諸学芸を指す。

これらの諸科は学芸(文芸)科学学部(faculty of arts (letter)and sciences )等を構成し、古典的な神・法・医及び近代的な工、農、経営、教育等の専門職学部(professional schools)における職業系諸科に対する。

スポンサードリンク


一部に、近代科学とその生み出す技術(science and technology)の知を別種のものと見て、それらを除いた諸科をリベラル・アーツとみる向きもある。

なお、リベラル・アーツは教養と訳されるが、教養の英訳がカルチャーつまり文化一般であるのに対して、リベラル・アーツはディシプリン(方法)を持った諸科目であり、リベラルアーツ・カレッジにおいても、一般教育に加えリベラル・アーツ分野の専攻の学習が課されるのが通常である。(文科省ウェブサイト掲載資料より)

<よくある会話>
職員A:リベラル・アーツの意味って奥が深くて難しい・・・

職員B:理解することをあきらめたら大学職員おじさんに怒られるよ!

おじさん:リベラル・アーツって意味がわからん!!


スポンサーリンク