<大学用語集>
ラーニング・コモンズ

<解説>
複数の学生が集まって、電子情報も印刷物も含めた様々な情報資源から得られる情報を用いて議論を進めていく学習スタイルを可能にする「場」を提供するもの。

その際、コンピュータ設備や印刷物を提供するだけでなく、それらを使った学生の自学自習を支援する図書館職員によるサービスも提供する。(文科省ウェブサイト掲載資料より)

<よくある会話>
職員A:最近ラーニング・コモンズを作ったいう話をよく聞くな~。

職員B:どうやら教育改革の1つであって、図書館を改装したりするケースが
    多いみたいだよ。

おじさん:じゃな。


スポンサーリンク