<大学用語集>
ファカルティ・ディベロップメント(FD)

<解説>
教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取組の総称。

具体的な例としては、教員相互の授業参観の実施、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催等を挙げることができる。

なお、大学設置基準等においては、こうした意味でのFDの実施を各大学に求めているが、FDの定義・内容は論者によって様々であり、単に授業内容・方法の改善のための研修に限らず、広く教育の改善、更には研究活動、社会貢献、管理運営に関わる教員団の職能開発の活動全般を指すものとしてFDの語を用いる場合もある。(文科省ウェブサイト掲載資料より)

スポンサードリンク


<よくある会話>
職員A:SDは職員の能力開発、FDは教員の授業内容・方法の改善なんだね。

職員B:えっ、FDって、フロッピーディスクじゃないの!?

おじさん:FDのよくある取組として、教員相互の授業参観などがあるんじゃが、なかなか教員同士で指摘し合ったりすることが難しいんじゃよ。なぜなら、お互いに言われたくないから。


スポンサーリンク