<大学用語集>
大学全入

<解説> 
大学の入学受入規模が、入学志願者数とほぼ一致し、大学教育への需要が概ね充足された状態をいう。

すなわち、入学志願者が、進学先の大学を選ばなければ、理論上、いずれかの大学に入学し得る状態である。

なお、将来像答申では、大学・短期大学の志願者数と入学者数、収容力(答申では入学者数/志願者数として定義)等の推計を行い、平成19(2007)年度に収容力が100%に達するとした。

こうした推計方法を踏まえて、収容力が100%に達した状態を「大学全入」と呼ぶ場合もある。(文科省ウェブサイト掲載資料より)

スポンサードリンク


<よくある会話>
職員A:大変だ~。大変だ~。大学全入時代の到来だ~。

職員B:それは大変だ~。なんとかしなければ~。

おじさん:大変じゃな。


スポンサーリンク