<大学用語集>
大学ポートレート(仮称)

<解説>
「大学における教育情報の活用・公表に関する中間まとめ」(平成23年8月5日)において、大学の教育情報の活用・公表のための共通的な仕組みとして整備することが提起された。

平成24年2月、「大学ポートレート(仮称)準備委員会」が発足し、大学団体が連携し、高校や産業界の意見も反映して整備を進めることとしている。

大学ポートレート(仮称)の整備により、
①大学が教育情報を自らの活動状況を把握・分析し、改革につなげる(いわゆるIR(Institutional Research) 機能の向上)、
②各大学の多様な教育活動を、国内外に分かりやすく発信、
③各大学大学の業務負担軽減(基礎的な情報を共通に公表することで、大学の個別問合せへの対応を軽減)、
などの効果が見込まれている。
(文科省ウェブサイト掲載資料より)

スポンサードリンク


<よくある会話>
職員A:これにより、大学の情報が一元的に管理されて、情報の取得がしやすくなるんだね。

職員B:今までなかったことが不思議だよね~。

おじさん:これが整備されれば、自分の大学と他大学を簡単に比較することができるようになるので、事務職員としてもありがたい限りじゃわ~。


スポンサーリンク