<大学用語集>
初年次教育

<解説>
高等学校から大学への円滑な移行を図り、大学での学問的・社会的な諸経験を“成功”させるべく、主として大学新入生を対象に作られた総合的教育プログラム。

高等学校までに習得しておくべき基礎学力の補完を目的とする補習教育とは異なり、新入生に最初に提供されることが強く意識されたもので、1970年代にアメリカで始められ、国際的には「First Year Experience(初年次体験)」と呼ばれている。

具体的内容としては、(大学における学習スキルも含めた)学問的・知的能力の発達、人間関係の確立と維持、アイデンティティの発達、キャリアと人生設計、肉体的・精神的健康の保持、人生観の確立など、大学における教育上の目標と学生の個人的目標の両者の実現を目指したものになっている。(文科省ウェブサイト掲載資料より)

スポンサードリンク


<よくある会話>
学生A:初年次教育があると新入生も安心だね。

学生B:安心が一番だよね。

おじさん:初年次教育は受験生を引き付ける魅力の1つやね。少子化が進んでいる中で学生を集めるには、学生に入学したいと思わせる広報戦略が必要だね。学生サービスをいかにいい感じに見せるかが、広報の見せ所っちゃ~、見せどころだね~。


スポンサーリンク